イーディーコントライブとユビキタス・エクスチェンジが携帯電話を利用したショッピングサービスを開始。

イーディーコントライブ株式会社 2004年07月29日

イーディーコントライブ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:山口征浩)と、株式会社ユビキタス・エクスチェンジ(本社:東京都港区、代表取締役社長:枝根英治 氏)は、携帯電話によるショッピングサービスの共同開発とシステムの販売・提供を行うことで提携いたしました。

このシステムは出版物や広告・チラシなどに掲載されている商品に付記されたQRコード(二次元バーコード)を、携帯電話に付属するQRコードが読み取可能なカメラで取り込むことにより、自動的に携帯電話の通信販売サイトへユーザーを誘導する仕組みになっています。

イーディーコントライブのEC部門である、M:Iプロジェクトはこれまでにインターネット通信販売サイトにおけるシステム開発や物流管理・出荷代行・代金決済までの事業を多数展開しており、モバイルツールとWEBを連携させたビジネス向けシステム事業を展開するユビキタス・エクスチェンジ社と提携することにより、インターネットサイトを有していない企業や、出版物への広告を出稿している企業などに対して広く事業展開していく予定です。
また、インターネットユーザーよりも利用者が多い携帯電話ユーザーを販売ターゲットにすることにより、各企業の売り上げの増加に寄与できるものであると考えております。

今回そのシステムを利用し、イーディーコントライブのがプロジェクト シュリ8月に刊行予定の「沖縄を、買いましょう。」は、沖縄の物産品をページごとに詳しく説明するとともに、全ての商品に対してQRコードを付与し今回のシステムに完全に連動する出版物として発刊されることになっています。
現段階ではシステム構築が完了し、プロジェクト シュリが季刊発行している沖縄情報誌「カラカラ」にて試験運用を兼ね、7月より携帯電話によるショッピングサービスの提供を始めております。

このシステムにより、通信販売業者に限らず様々な事業において携帯電話を利用したECシステムの需要が高まっている中、携帯電話を利用したEC事業展開のコンサルティング、携帯サイトの作りこみから決済、最終的なユーザーへのデリバリーに至るまでの一貫したサービスをパッケージ化することで、事業者にとって低価格でワンストップ提供が出来るソリューションを提供していく予定です。

流通事業においてWebの通信販売が成長基調にある中、今後携帯電話端末を利用したショッピングは、フェリカなどの携帯電話における決済システムの将来的な普及が予測されるため、ますますニーズが高まることが予測されます。

今回の提携により、イーディーコントライブは、モバイルにおける新たなECサイト顧客層の獲得と現在の顧客へのモバイル通販サービスの実現を、ユビキタス・エクスチェンジは独自開発によるモバイル通販のワンストップソリューションを展開してまいります。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

イーディーコントライブ株式会社の関連情報

イーディーコントライブ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR