自分が書いたケータイ小説を書籍化する!『フォレスト出版』オープン

株式会社デジタオ 2004年09月16日

有限会社ビジュアルワークス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:豊田康三)は、同社が運営する無料ホームページ作成サービス『フォレストページ』のサービスのひとつとして、同サービスで書いた小説を、株式会社デジタオ・アウトレットのコミュニティ出版サービス「book it!」を利用して書籍化できる『フォレスト出版』をオープンいたします。

プレスリリース
2004年9月15日
有限会社ビジュアルワークス
株式会社デジタオ・アウトレット

****************************************************************

     自分が書いたケータイ小説を書籍化する!

       『フォレスト出版』オープン

         (リンク »)

****************************************************************

有限会社ビジュアルワークス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:豊田康三)は、同社が運営する無料ホームページ作成サービス『フォレストページ』のサービスのひとつとして、同サービスで書いた小説を、株式会社デジタオ・アウトレットのコミュニティ出版サービス「book it!」を利用して書籍化できる『フォレスト出版』をオープンいたします。


■サービスの概要

『フォレスト出版』は、フォレストページのコンテンツのひとつ、ブック機能で書いた小説を簡単に書籍化できるサービスです。
主な仕様は下記の通りとなります。

 ・1冊から注文可能。
 ・本体価格は\1,980から用意(ページ数によって価格は変動します。)
 ・サイズはA5サイズ変型
 ・携帯小説らしく、絵文字や顔文字まで印刷されます。


■フォレストページ・ブック機能とは?

フォレストページのブック機能とは、パソコン・携帯から小説が書ける機能です。ブック機能は「表紙」「目次」「本文(章・節)」という構成になっておりますので、実際の書籍と同じ感覚で書き進めることができ、また完成したものも実際の書籍とほぼ変わらない仕上がりとなります。

■サービスの背景と今後の展開

母体である無料ホームページ作成サービス『フォレストページ』(作成ホームページ数 70,000/月間170,000,000PV)では、映画「ムーンライトジェリーフィッシュ」の原作小説である「月の光のように、僕らは抱き合う」(監督:鶴見昂介氏著)の連載や、アミューズメントメディア総合学院と協賛で行った「フォレストケータイノベルコンテスト」など、携帯と小説という新しいマッチングに着目した試みを実施しています。

ビジュアルワークスでは、メールの爆発的な普及に代表されるように、新しいテキスト(文字)文化のツールである携帯端末と、小説、詩、エッセイなどに代表される従来のテキスト文化のマッチングに着目しています。

その中で、株式会社デジタオ・アウトレットの協力のもと、携帯小説の発表の場として、商業出版流通への働き掛けなどを積極的に展開していきます。


■関連URL

フォレスト出版
(リンク »)

フォレストページ
(リンク »)

コミュニティ出版「book it!」(株式会社デジタオ・アウトレット)
(リンク »)


※パソコンで閲覧した場合にはパソコン版サイトが表示されます。
 携帯版をご覧になる場合には携帯端末からWEBアクセスしてください。
****************************************************************
■会社概要

 有限会社ビジュアルワークス visualworks inc.
 代表取締役 豊田康三
 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-16-3 ゼネラルビル恵比寿西5F
 TEL:03-5459-0628
 FAX:03-5459-0634
 事業内容:モバイル公式コンテンツ企画運営 / WEBコンテンツ運営
  (リンク »)

■本件に関するお問い合せ先
 有限会社ビジュアルワークス
 担当 :牧 圭介
 TEL :03-5459-0628( 10:00~19:00 )
 EML :info@visualworks.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社デジタオの関連情報

株式会社デジタオ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR