ジーネット・テクノシステムズ、医療経営支援システム『J-HOSPI』を販売開始

株式会社ジーネット・テクノシステムズ 2004年11月01日

株式会社ジーネット・テクノシステムズ(東京都中野区、代表取締役 長尾勤)は医療機関向け経営支援システム『J-HOSPI』の販売を開始しました。

プレスリリース              2004年11月
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジーネット・テクノシステムズ、
   医療経営支援システム『J-HOSPI』を販売開始
日本初のLCAコンセプト  (リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このリリース資料(無料)はご自由にご利用下さい。

[本文]

 株式会社ジーネット・テクノシステムズ(東京都中野
区、代表取締役 長尾勤)は医療機関向け経営支援シス
テム『J-HOSPI』の販売を開始しました。

最小構成セットで400万円~。販売代理店・サンプル
協力医療機関の募集も同時開始します。

 販売目標は、発売後3年間で300~500セット(2
0億円程度)を医療機関向けに販売し業界標準の評価・改
善システムを目指します。

 本ソフトはWindowsで動作し、病院で行う業務を製品のL
CAという観点から、簡単に数値化・ビジュアル化しコスト
・量という客観的な指標で評価し、現状の各業務を基に業
務改善提案を作成し経費削減に寄与します。LCAの観点から
製品をトレースし各関連業務で発生する医療廃棄物の種類
・量を把握し管理できます=イラスト。

病院の基本的な経費項目(人件費・資本コスト・廃棄物・
エネルギー・水・ガス etc)のパラメータ数百点と基本工
程(数十点)をデータベース上に標準装備しています。

 蓄積データの再利用・流用が容易なアーキテクチャで、
データの可搬性が優れているため容易に複雑なLCAの作成
・評価が行えます。

ソフトウェアの特徴は、

●多角的視点(環境面・経費面等)で工程や設備機器評価
●医療機器や設備の管理
●不透明部分の透明化(表・図形表示)
●経験情報の共有(個人の優れた経験を全体で共有)
●機器の購入から廃棄迄のトータルコストシュミレーション
●購入前機器の運用コストも含めたトータルコスト見積

用途は、医療機関の業務分析、効率向上、運用コスト
計算等、改善提案。医療コンサルティングのツール。
医療向けシステムや経営システムへの経営改善組み込
みツールでの利用だけではなく、数値的根拠でコスト
を把握するので、客観的な判断や対応を可能として業
務改善ツールに有効活用出来ます。 (了)

[会社概要]
1.会社名:株式会社ジーネット・テクノシステムズ
2.代表者:長尾 勤
2.設 立:昭和61年7月
3.資本金:5,000万円
4.業務内容:システム開発、自社PKG開発、
      及び環境コンサルティング他
6.所在地:東京都中野区本町1-23-9 〒164-0012
     TEL 03-5302-6370 FAX 03-5302-6375

――――<この件に関するお問い合わせ先>―――――

株式会社ジーネット・テクノシステムズの
  永井和茂(ながいかずしげ)までお願い致します。
Mail :j-hospi@gnet-tech.co.jp
TEL  :03-5302-6370
TEL  :03-5302-6375
所在地:東京都中野区本町1-23-9 〒164-0012

―――――――――――――――――――――――――
●上記のイラストは
  (リンク »)  から
 ダウンロードできます。
●当メールはスーパーピーアール(FAX0120-70-4714)が
 配信代行しております。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ジーネット・テクノシステムズの関連情報

株式会社ジーネット・テクノシステムズ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR