日本計画研究所ビジネスセミナー 国立大学法人 群馬大学 施設整備・活用の方針と重点的整備事業の展開

株式会社日本計画研究所 2005年01月23日

報道機関各位 プレスリリース 2005年1月23日 株式会社日本計画研究所 武内一忠 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 国立大学法人 群馬大学 施設整備・活用の方針と重点的整備事業の展開 ~群馬大学の施設・設備の整備活用に関する                    第一期基本計画を策定~ http://www2.jpi.co.jp/seminar/cgi-bin/data_html/1041129104209.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社日本計画研究所(所在地:東京都千代田区有楽町1-2-14 紫ビル 
代表取締役社長:武内一忠)は、『“国立大学法人 群馬大学
施設整備・活用の方針と重点的整備事業の展開”セミナー』
を2005年1月25日に開催する。

『“国立大学法人 群馬大学
施設整備・活用の方針と重点的整備事業の展開”セミナー』の詳細は
次のとおりである。

No.8210
国立大学法人 群馬大学
施設整備・活用の方針と重点的整備事業の展開
~群馬大学の施設・設備の整備活用に関する
                   第一期基本計画を策定~

■講義概要

国立大学施設は学術研究や人材育成のための活動拠点であり、
科学技術創造立国を目指す我が国にとって重要な社会基盤であるが、
大学改革及び学術研究の高度化・多様化が進む中で、国立大学施設の
老朽化・狭隘化の解消が大きな課題となっている。このような状況の
中で、平成16年4月に発足した国立大学法人においては、大学全体の
施設整備方針を明確に示し、実行するとともに、大学がよりよい
施設整備、管理運営を行い得るような諸制度の構築を行うことが
期待されている。このため、国立大学法人群馬大学においては、
第一期中期計画期間中の施設の整備・活用について、「群馬大学の
施設・設備の整備活用に関する第一期基本計画」を作成し、
推進することとしている。本講義においては、本計画に基づき、
施設マネジメントの方向性及び重点的に整備すべき施設等について
詳説する。

■講義項目

1. 群馬大学の施設の整備状況
  (1)荒牧地区
  (2)昭和地区
  (3)桐生地区
  (4)若宮地区その他
2. 施設・設備に関する基本方針
  (1)施設マネジメントの目標の設定
  (2)施設マネジメントの方策
  (3)機器・設備の有効活用
3. 計画的・重点的施設整備
  (1)重点的に整備すべき施設
  (2)公共施設としての機能確保
4. 関 連 質 疑 応 答
5. 名 刺 交 換 会
    講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします


■講 師:
国立大学法人 群馬大学
施設運営部長 平峰 英一 氏

講師略歴

昭和54年 大阪大学 工学部 卒業
同   年 文部省 管理局 教育施設部
平成 3年 山口大学 施設部 建築課長
平成 6年 日本芸術文化振興会 新国立劇場準備室専門員
平成 9年 文部省 大臣官房 文教施設部 福岡工事事務所 所長補佐
平成10年 宇宙開発事業団 宇宙輸送システム本部 宇宙輸送推進部 業務課長
平成12年 文部省 大臣官房 文教施設部 計画課専門員
平成13年 徳島大学 施設部長
平成15年 徳島大学 施設マネジメント部長
平成16年 群馬大学 施設運営部長

 


 



主催者 (株)日本計画研究所
開催日時 2005年1月25日(火)14:00-16:00
会場 群馬
前橋東急イン
前橋市本町2-16-1
027-221-0109
受講料 お一人様 : 19900円

【 優待参加費 (1社で複数名、同時申込の場合に限ります) 】
  1社2名 :34900 円  1社3名 :44900 円

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社日本計画研究所の関連情報

株式会社日本計画研究所

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR