株式会社VIBE モバイルマーケティングASPサービス「ケータ」のサービスを6月2日より開始

株式会社VIBE 2005年06月02日

株式会社VIBE(東京都港区、代表取締役社長:清川達也)は携帯電話を使ったセールスプロモーションを支援するASPサービス「ケータ」の提供を6月2日より開始します。
コンシューマー・マーケティングにおける携帯電話の重要性は高機能電話端末の普及により年々高まってきており、ツールだけでなくトータルな提案が欲しいというニーズも高くなってきています。
「ケータ」は携帯電話を使ったマーケティングで必須とされるアンケート、メルマガ配信、クーポン配布といった基本機能に加え、次の4つの特徴があります。

■キャンペーンの成否を握るインセンティブとなるデジタルコンテンツ(着メロ、着うた、エンタメ情報等)を豊富なライブラリーから提供。
着メロ、着うたはNTTドコモ、KDDI、Vodafoneの携帯3キャリアの公式サイト47サービス向けに制作した高音質な音源1万曲から選択が可能。
■公式サイトで培ったマーケティング・ノウハウを提供します。特にティーン・F1、M1層に強みを持っています。
■豊富なメディアラインナップからケータイサイトへの集客をサポートいたします。
■業界ごとに特化した効果的な提案を行なえます。

調査会社が行なったユーザー調査結果によると、特に大学生・社会人の男女層で「企業キャンペーン参加のきっかけは景品」という声が大きかったのと同時に、「ノベルティが期待はずれ」という失望感が各層に共通して経験されており、キャンペーン実施企業が“タダだからこの程度でよいだろう”という選択をしてしまうと、ユーザーロイヤリティーを高める絶好の機会に、逆に企業ブランドを低下させかねません。
つまり、キャンペーン成功のカギを握るのが、ノベルティの質だということが分かります。

VIBEでは、ツールの提供のみでは成しえない、携帯プロモーションをノベルティも含めワンストップで提供することにより、企業のキャンペーンを効果的且つスムーズに成功に導きます。

「ケータ」は、特に強みのある音楽、映画、出版、ゲームなどのエンターテインメント業界に加え、食品・飲料、飲食、小売、美容業界など幅広いお客様へ提供を行なう予定です。
また同時に販売代理店も募集しています。

『ケータ』の主な機能
◆メルマガ会員登録
メルマガによる顧客の囲い込みを促進します。
◆空メール
空メール(○○○@kta.at)を使ったキャンペーンプロモーションをご提供します。
◆アンケート
ユーザーのアンケートリサーチを手軽に行なえます。
◆割引クーポン
顧客来店促進の手段としてお使い頂けます。
◆商品案内
自社商品の紹介を行なえます。
◆店舗案内
自社商品の紹介及び地域検索、地図による来店促進の手段としてお使い頂けます。
◆着メロ・ゲーム・画像ダウンロード
顧客に対して誘引力のあるキャンペーンのノベルティの提供を行なえます。
◆お友達紹介
口コミによるサイト訪問者増加の手段としてお使い頂けます。
◆顧客分析
サイトへのアクセス状況、ユーザーのタイプを分析します。

『ケータ』の利用料金
◆会員管理可能であらゆるコンテンツ提供が可能な「プロモ」
初期設定料金:40万円、システム利用料(1ヶ月間):15万円。
◆短期間のキャンペーン・アンケートに特化した「アンケート」
システム利用料(1ヶ月間):20万円(2ヶ月目以降10万円/月)。

【株式会社VIBEとは】
バンダイネットワークスグループの株式会社VIBEはNTTドコモ、KDDI、Vodafone、TU-KA、のインターネット接続サービスにおいて公式サイトを47サイト(2005年6月1日現在)運営しているマーケティング・カンパニーです。

【本件の連絡先】
株式会社VIBE 〒107-0061 港区北青山2-12-16 9F 
URL: (リンク »)
担当:マーケティンググループ 安藤拓郎
TEL: 03-5771-2545  FAX : 03-5771-2573  e-mail: kta@vibe.co.jp

※「ケータ」は(株)VIBEの登録商標です。
※「着うた」は(株)ソニー・ミュージックエンタテインメントの登録商標です。
※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社VIBEの関連情報

株式会社VIBE

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR