ネットワークマネジメントサービス『SMF SETTERFREE(R)』対応ルータに小型・堅牢・ 低消費電力を特徴としたセンチュリー・システムズ社製品FutureNet MA-410-SEILを採用

多店舗への低コストかつスピーディーなルータ展開を実現

NECシステム建設 2005年08月09日

日本電気システム建設株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:馬場 征彦、以下、NECシステム建設)は、2004年6月よりネットワークマネジメントサービス『SMF SETTERFREE(R)』を提供しておりますが、この度センチュリー・システムズ社(以下 センチュリー、本社:東京都武蔵野市、代表取締役:田中 邁)が開発・販売するFutureNet MA-410-SEILを新しく採用し、2005年8月8日よりサービス提供を開始致します。

『FutureNet MA-410-SEIL』は、小型・堅牢・低消費電力を特徴とする低価格のルータ製品です。設置場所の確保が難しく、動作環境(温度、湿度条件等)も制約が多い店舗等への導入が容易になり、コンビニエンスストア、ファミリーレストラン、通信カラオケ店、ガソリンスタンド等、多店舗を展開するお客様の需要に対応することができます。
また、ネットワークマネジメントサービス『SMF SETTERFREE(R)』では、リモートでの設定作業が可能である為、ネットワーク専門スキルを持つ技術員の現地への派遣が不要であり、短期間に展開できます。さらに、導入後においてもサービスセンターからリモートで設定内容の変更、ファームウェアのアップデートを一括実施でき、多店舗の運用、管理面コストを大幅に削減することができます。

『FutureNet MA-410-SEIL』対応の『SMF SETTERFREE(R)』のサービス販売は、センチュリー販売代理店を通した販売を含め、初年度で約7000セット店舗を目標としています。
サービス価格は初年度88万円~/10店舗(機器費、ハードウェア保守込み)となります。

◆ネットワークマネジメントサービス『SMF SETTERFREE(R)』の概要
機器提供からルータ設計、セットアップ、ハードウェア保守、運用までのサービスコンポーネントを融合し、革新的技術により、コンフィグレーション作成から運用保守までルータ1台ごとに時間とコストを要していたこれまでの課題を解決するトータルマネジメントサービスです。

◆FutureNet MA-410-SEILの概要
 FutureNet MA-410-SEILはIPsec、OSPF、VRRP、マルチキャスト、ブリッジ/ブルータ、L2/L3フィルタ、VLAN、QoS(帯域制御, 優先制御)、UPnP等の機能を実装、またIPv4だけでなくIPv6もデュアルスタックとして搭載し、IPv4-IPv6トンネリング機能も提供いたします。

ベースとなっているハードウェア「FutureNet MA-410」シリーズは2004年1月の発表以来、3万台以上の出荷実績があります。今回のファームウェアのバージョンアップでSMFに対応する機能を標準で搭載しました。

以上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

NECシステム建設の関連情報

NECシステム建設

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR