ファンサイド、Webユーザビリティテストの本格展開開始

株式会社ファンサイドAG 2005年08月24日

~Webサイト内でのユーザーの行動を決定づける“Webユーザビリティ”をリーズナブル&効果的に検証可能な独自開発パッケージ~ ~SEO、リスティング広告からログ解析、サイト診断、Webサイト制作まで最大のROIを実現させる総合Webソリューションをワンストップで提案~

株式会社ファンサイド(東京都文京区・代表取締役:植山章博 以下ファンサイド www.fanside.co.jp )は、SEM(Search Engine Marketing: 検索エンジンマーケティング)を基盤とした総合Webマーケティングソリューションの最新サービスとして、Webユーザビリティテストの本格展開を開始することを発表しました。

□Webユーザビリティの重要性/ユーザビリティテストの有効性

ユーザビリティはユーザーインターフェイスがいかに使いやすいか、不快感を覚えたり過剰な負荷がかからずに使えるかどうか、を示す質的属性です。インターネットのメディア特性から、Webサイトにおけるユーザビリティは生き残りになくてはならない条件といわれています。
膨大な情報量が存在するインターネットでは、ユーザーは自分が本当に探している情報を得るために複数のWebサイトの巡回(ネットサーフィン)をひんぱんに行ないます。そのため、使いづらかったりわかりにくいホームページにユーザーがとどまる時間はきわめて少ないものになってしまいます。またたとえばeコマースのWebサイトでは、ユーザーは見つけることのできない製品を購入することはできません。
アメリカのWebユーザビリティーの第一人者、ヤコブ・ニールセン博士は“ユーザビリティのためにデザイン・プロジェクト予算の10%を確保すべきである。もっとも基本的で有用な手法はユーザビリティテストで、その実施によりWebサイトの品質指標は約2倍になる”、と述べています。Webユーザビリティテストでは、ターゲット・ユーザーが実際にサイトを使用し、ユーザーインターフェースにまつわる問題点を発見しますが、“5人を対象にテストを実施することで、ユーザビリティ上の問題の85%を発見できる”、と重ねています。(useit.com (リンク ») by Dr. Jakob Nielsen)

□リーズナブル&効果的にWebユーザビリティを検証可能な独自開発パッケージ、既存のサービスとの相乗効果で最大のROIを実現

SEMなどのWebマーケティングによってサイトに導かれたユーザーがどのような行動をするかは、そのWebサイトのユーザビリティ(使いやすさ)に大きく影響されます。そのためユーザビリティーの高いサイト構築はWebマーケティングの重要なポイントです。しかしこれまで、ユーザビリティを検証する有効な手段とされるユーザビリティテストは、その重要性が認められながらも、費用や時間の負担が大きく一部企業や大プロジェクトにおいて実施されるのみでした。
ファンサイドは、SEMを基盤とした総合Webマーケティングソリューションとして、これまでSEO、リスティング広告、アクセスログ解析、サイト制作などのサービスをワンストップで提供してきました。Webユーザビリティテストの開発にあたってはテスト実施部分およびレポートの効率化・圧縮化を行い、リーズナブルでコンパクトなパッケージで効果的にWebユーザビリティを検証することができるようなりました。Webサイト内でのユーザーの活発な行動が期待できる、真に「使いやすい」Webサイト構築へのきわめて有効な提案が可能になり、同時に他のサービスとの相乗効果により、SEMの最終目的とされる最大のROIの実現を促進します。これまでに数多くのWebユーザビリティテスト事例を手がけ、このたび本格展開を開始しました。

□Webユーザビリティテスト 実施イメージ

<実施期間> 約1ヶ月~
<実施内容> テスト設計(問題点特定、スケジュールと予算、ユーザープロファイル決定、テストシナリオ策定)、
被験者リクルーティング

テスティング実施(リハーサル、テスト、アスキング)

テスト結果分析

報告書作成(または報告会)
<実施費用>  50万円~ 
*実際の費用・期間はヒアリングに基づき個別提案

「ファンサイドは日本におけるSEM(Search Engine Marketing: 検索エンジンマーケティング)の草分けで、これまでにも技術力には定評をいただいてきました。今回のWebユーザビリティテストの正式展開により、既存のサービス(SEO、リスティング広告、アクセスログ解析、サイト分析、サイト制作など)に加えて、Webサイト構築におけるたいへん重要なポイントである、高いWebユーザビリティ実現のための効果的な検証をご提案することができるようになります。
SEMを基盤にしたWebマーケティングには、いくつもの手法があります。インターネットを通じてさらなるブランディング、および最大のROI(費用対効果)を実現させるためにはそれらの手法をクライアント企業のニーズにあわせて最適に組み合わせ運用していくことがとても大切です。ファンサイドは総合Webマーケティング・ソリューションをワンストップでご提供することのできる会社として、これからもサービス内容を充実させてまいります。」と株式会社ファンサイド 代表取締役 植山章博は述べています。

■株式会社ファンサイドについて
2003年5月設立。高い技術力に裏付けられたSEO、リスティング広告の運用をはじめアクセスログ解析、Webユーザビリティテスト、サイト分析、サイト制作などSEM (Search Engine Marketing: 検索エンジンマーケティング)を基盤にした総合Webマーケティング・ソリューションをワンストップで提供。インターネットを通じた企業のさらなるブランディング、および最大のROI(投資対効果)の実現を提案する戦略的コンサルティング会社です。

■本件に関するお問合わせ先
株式会社ファンサイド 広報担当 河合TEL:03-3817-8572 FAX:03-3817-8573   Email:kawai@fanside.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ファンサイドAGの関連情報

株式会社ファンサイドAG

株式会社ファンサイドAGの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR