法人向けのマーケティングサービス 『Activeシリーズ』              11月17日 販売開始

 

シンフォニーマーケティング株式会社 2005年10月14日

法人営業の顧客データ管理と活用をアウトソーシングで提供する、
シンフォニーマーケティング株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:
庭山 一郎)は、法人営業におけるデータベースマーケティングを実現するため
のインフラに特化した新サービス『Activeシリーズ』を11月17日より発売開始
致します。

『Activeシリーズ』は、法人営業におけるマーケティング活動を実施する際に
必要とされるデータの「収集」、「活用」、「管理」にフォーカスし、スピー
ドを重視する企業のマーケティング活動を最適にサポー致します。
法人への直接販売だけではなく、法人向けにさまざまなマーケティングサービ
スを提供している企業を販売パートナーとして、すでに先行導入をしている10
社を含め、初年度200社への導入をめざします。

■サービス概要

◆ActiveCampaign(アクティブキャンペーン)
E-Mail+Webを組み合わせたオンラインキャンペーンパッケージ
(リンク »)
<特徴>
セミナーや展示会などのイベントフォローや資料請求など。E-MailとWebページ
のトラッキングを使い、見込み客のプライオリティ付けを行うためのパッケージ。
収集した名刺情報や、社内のターゲットリストに対しE-Mailを配信し、Webサイ
トに誘導してサイト内の動きを測定。誰が、どのページを何回閲覧したのかを
トラッキングし、その結果をレポートとして提出することで、営業活動の効率
を上げることが可能となる。

◆ActiveEntry(アクティブエントリー)
イベント・セミナー担当者のための、受付フォーム作成・管理サービス
<特徴>
(リンク »)
イベントやプライベートセミナーの申込受付、オンライン事務局やアンケート、
資料請求など、情報をご入力いただくためのフォーム及び入力いただいた情報
の管理を行うための専用CGIシステム。面倒な設定やセキュリティの心配は一切
なく、申込から最短3営業日でシステム稼動を開始できます。申込者の情報をリ
アルタイムに把握できる管理画面の提供や、法人営業ならではのお断り対応など、
実務に即したシステムにより煩雑な申込管理に対応可能。

◆ActiveMerge(アクティブマージ)
社内に分散する名刺データを統合・ユニーク化する名寄せサービス
<特徴>
(リンク »)
過去のイベントやプライベートセミナーなどで集めた見込み客リストに対して
重複チェックを施し、一元ユニーク化し、企業情報と個人情報をキーとした名
寄せを行うデータマージのアウトソーシングサービス。法人営業の見込み客
データベース管理サービスで培ってきた知識と技術、そして独自のスコアリン
グシステムによる精度の高いマージを提供。

■シンフォニーマーケティング株式会社 会社概要
代表取締役:庭山 一郎
所在地:東京都千代田区神田須田町1-28 タイムビル3F
Tel  : 03-5207-6710
Fax  : 03-5207-6716
URL  : (リンク »)
事業内容:世界で一番難しいと言われる日本の法人データ管理とその活用のア
     ウトソーシングサポート。及びマーケティング活動が売上に直結す
     るための理想的なシステムとオペレーションサービスの提供。

■本件に関するお問い合わせ先
シンフォニーマーケティング株式会社 サービス事業本部 担当:丸山/小林
E-Mail: Press@symphony-marketing.co.jp
Tel  : 03-5207-6710
Fax  : 03-5207-6716

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

シンフォニーマーケティング株式会社の関連情報

シンフォニーマーケティング株式会社

シンフォニーマーケティング株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?