WEBマーケティングに有効な一元管理システム 「ENCORE PRO(アンコールプロ)」販売開始のお知らせ

株式会社エー・アイ・ピー 2005年11月01日

株式会社エー・アイ・ピー(本社:東京都千代田区、社長:渡邉秀文)は、WEBマーケティングにおける一連のプロセスを一元管理できるパッケージシステム「ENCORE PRO(アンコールプロ)」を開発し、2005年11月1日より販売開始いたします。

従来、WEBマーケティングにおける「顧客管理システム」「メールマーケティング」「トラッキング」「WEBフォーム作成」「データマイニング」を活用したプロモーション活動やデータ解析は、個別のシステムで運用され、各システム毎にデータが蓄積されていました。「ENCORE PRO」はこれらの機能を統合し、サイト運用者は一元管理されたデータをもとに、効率的なWEBマーケティング活動が可能になりました。

■ WEBマーケティングに必要な主要アプリケーションを網羅、データの一元管理が可能に

エー・アイ・ピーは、従来から、モバイル対応WEBプロモーションASP「drops(ドロップス)」やオンライン広告効果測定ASP「LIVE AD(ライブアド)」を提供してまいりましたが、より効果的なWEBプロモーションや総合的な広告効果測定を行うには、「顧客管理システム」「メールマーケティング」「トラッキング」「WEBフォーム作成」「データマイニング」など、個別のシステムを利用する必要がありました。

「ENCORE PRO」は、サイト運用に携わる担当者の作業負担を軽減し、低コストでプロモーション活動の活性化、マーケティングに活用できる有効なデータ解析など、WEBマーケティングに求められるプロセスと施策を提供できるアプリケーションを網羅し、マーケティング活動で得られたデータを一元管理します。パッケージ価格は300万円から。


■ WEBマーケティングにおける諸々のプロセスの連携を可能にした「ENCORE PRO」

「ENCORE PRO」は一般的なアプリケーションパッケージとは異なり、WEBサイトそのもののホスティングからマーケティング活動を代行するオペレーションまで、すべてが連携し網羅されています。


□ 顧客管理システム
顧客データベースの構築、メンテナンスなど、顧客の正確な情報管理を行うことができます。

□ メールマーケティング
ターゲット顧客への一括メール配信に加え、不正アドレス・重複アドレスチェック機能も備えています。

□トラッキング
サイト訪問者が、いつ、どのページに、どのようにアクセスしているかをリアルタイムで解析し、レポート分析を行うことが可能です。WEBサイトの活用性を検討する資料として利用できます。

□ WEBフォーム作成
インターネットリサーチのノウハウと技術を活用し、アンケートフォームの作成から回答データの集計までを同一システム上で行います。

□ データマイニング
トラッキングおよびインターネットリサーチにより集計されたデータを、単純集計・クロス集計することができます。WEBサイトにおけるROI分析やキャンペーンの効果測定はもちろんのと、顧客の持つ潜在ニーズの把握も、スピーディかつ効率的に可能です。


エー・アイ・ピーは、海外におけるインターネットリサーチのノウハウを活かし、WEBマーケティングの分野においても、企業のマーケティング活動をより便利にしてゆくシステムの構築を目指してゆきます。

【株式会社エー・アイ・ピー 会社概要】 (リンク »)

社名    ■株式会社エー・アイ・ピー
本社    ■東京都千代田区麹町3-2 Hakuwaビル4階 〒102-0083
設立    ■1997年6月18日
資本金   ■5億62万5000円  ※2005年6月末現在
代表者   ■代表取締役社長 渡邉秀文(わたなべ・ひでふみ)
従業員数  ■22名 ※2005年9月末現在
事業内容  ■グローバルリサーチ、インターネットを活用したシステム構築、
アジア地域におけるセールスプロモーション事業

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社エー・アイ・ピーの関連情報

株式会社エー・アイ・ピー

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!