ネットワールド、ラドウェアDefenseProにラックJSOC監視サービスを組み込んだ「DefensePro with Mitigation24+」の販売を開始

Dos/DDosプロテクション製品の市場拡大に向けて製品プラス監視サービスの拡販にフォーカス

株式会社ネットワールド/株式会社ラック 2005年12月08日

株式会社ネットワールド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中村 康彦)は、Dos/DDosプロテクション製品の市場拡大に向けて、国内のセキュリティ監視運用サービスのリーダーである株式会社ラック(本社:東京都港区、代表取締役社長:三輪 信雄)と販売提携を締結したことを発表いたします。

また、ラックのJSOC監視サービス「Mitigation24+」と、ラドウェアのアプリケーションスイッチ型IPS(不正侵入防御装置)「DefensePro」をパッケージ化した製品「DefensePro with Mitigation24+」を、2005年12月12日より販売開始することを発表いたします。

今回の販売提携により、ネットワールドは、ラックのセキュリティ監視運用サービスに於ける多大なノウハウと、ラドウェア「DefensePro」の優れたセキュリティ機能を活かし、Dos/DDosプロテクション製品の市場を拡大していくことに注力します。
一方、ラックは、販売提携に基づくパッケージ製品の拡販により、JSOC監視サービス「Mitigation24+」の普及と、セキュリティ監視運用サービス分野でのシェア拡大を目指します。

●DefenseProについて (ラドウェア社)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
製品詳細: (リンク »)
アプリケーションスイッチ型IPS(不正侵入防御装置)「DefensePro」(ディフェンスプロ)は、マルチギガビットのDos/DDos(※)防御と既知及び未知のSYNフラッドの高度な防御を実現します。更に双方向でステートフルなディープパケットインスペクションと、高速シグネチャ照合を行い、不正侵入、ワーム、ウィルス、bot、Spyware、トロイの木馬などのアタックを即座にブロックします。
1,400種類以上のアタックシグネチャは24時間365日のセキュリティアップデートサービスにより更新され、継続的なアプリケーションセキュリティを保証します。

●Mitigation24+について (ラック社)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
サービス詳細: (リンク »)
お客様の環境に設置された「Mitigation装置」をラックが運営するJSOCから、24時間365日遠隔運用をおこないます。これにより、ネットワークに悪意をもって送信される過剰トラフィックやインターネット経由のワームウイルスを、リアルタイムに緩和(Mitigate)し、サーバ負担を軽減するとともに、安定的なサービス提供を可能にします。

●JSOC (Japan Security Operation Center)について (ラック社)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「JSOC」(ジェイソック)は、ラックが運営する情報セキュリティに関するオペレーションセンターです。高度な分析システムや業界屈指の堅牢な設備を誇り、24 時間365 日運営され、高度な技術者を配置しています。同社のセキュリティサービスは、2000 年の九州沖縄サミットの運用・監視を皮切りに、日本の各分野でのトップ企業などを中心に、最高レベルのセキュリティが要求される顧客にその最高品質のサービスを提供しています。


この度の販売開始について、日本ラドウェア株式会社から以下のエンドースメントをいただいております。

………◇ 日本ラドウェア様エンドース ◇ …………………… 
日本ラドウェア株式会社 代表取締役 公家 尊裕 氏
「DefensePro with Mitigation24+ をマーケットに向けて発表されたことを歓迎いたします。DefenseProの卓越したセキュリティ機能と、株式会社ラックの優れたサービスを併せて提供することで、お客様はより高いレベルでのセキュリティと付加価値を享受することができるようになり、更に広範囲なニーズに対応できると確信しております。」
…………………………………………………………………………

______________________________
■ DefensePro with Mitigation24+の販売開始、価格及び製品構成
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇販売開始:2005年12月12日

◇価格と製品構成
「DefensePro200-Dosモデル with Mitigation24+ 」(1年間)
製品 + ライセンス + 監視サービス 合計 \7,800,000 (税別)

「DefensePro1000-Dosモデルwith Mitigation24+ 」(1年間)
製品 + ライセンス + 監視サービス 合計 \10,400,000 (税別)

 * 上記はいずれもオンサイト保守費は含まれておりません。
 * 構築費用は別途お見積となります。
 * 監視用VPNアプライアンスが別途必要です。(ネットスクリーンを推奨)

詳細は、以下のサイトをご覧ください。
(リンク »)

用語解説

※DoS/ DDoS攻撃
DoS(Denial of Services)攻撃は、インターネットのサーバなどをクラッキング(悪意を持って攻撃、破壊すること)する手法の1つ。Denialは「拒否」、「拒絶」という意味であり、「サービス不能攻撃」、「サービス拒否攻撃」などと呼ばれる。WebサーバやFTPサーバ、メールサーバなど、主にインターネット上の各種サーバに対して大量の(無意味な)サービス接続要求を送り付け、サーバの負荷を高めて、サーバを過負荷でダウンさせたり、ほかの正当なユーザへのサービスを妨げたりする攻撃のことを指す。
DDoSは、Distributed Denial of Service(分散Dos)で、複数のネットワークに分散する大量のコンピュータが一斉に特定のサーバへパケットを送出し、通信路をあふれさせて機能を停止させてしまう攻撃。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?