今年こそは“投資を!”とお考えのみなさまにお贈りする、 投資ビギナー待望のオンライントレードシステム“swingboy”!

従来のオンライントレードの概念をぶち破る超カンタン・小リスクシステム。 投資になかなか踏み切れなかった皆様が、ゲーム感覚で投資を体験できる。 投資エントリーモデル。

さくらフューチャーズ株式会社 2006年01月05日

・いったいどうやって申し込めばいいの? ・いったいどの商品に投資すればいいの? ・投資にどれくらいのリスクがあるの? 『swingboy』はネット投資ビギナーがぶつかりがちなこのような疑問にスパッと答えを出しています。 まずは、経験。 株価続伸、ガソリン高騰等、投資への敷居が低くなった今年こそ投資デビューの最大のチャンスです。

手数料の低料金化、プチ株・ミニ株、投資信託。
平均株価の上昇と共に投資への敷居が低くなり、今は空前の投資ブームです。
インターネットを使って、個人で投資できる環境も整ってきました。
しかしそれでも、初心者が投資サイトを見てもすぐ理解できないのが現状。
専門用語の羅列であったり、そもそもどこを押せばいいのかチンプンカンプンなことも多く、
なかなか初めの一歩を踏み出せない人も多いのではないでしょうか。
そして一番大事なのに一番分かりにくいポイント「いったい何を買ったらいいのか?」に
分かりやすく答えているサイトは少ないものです。

さくらフューチャーズ株式会社の提供するオンライントレードサイト『swingboy』は、
そんなネット投資初心者がぶつかりがちな疑問にスパッと答えを出しています。

損をするんじゃないだろうかと不安なビギナーのために、

 ・いったいどうやって申し込めばいいの?
 ・いったいどの商品に投資すればいいの?
 ・投資にどれくらいのリスクがあるの?

といった問題を分かりやすく解決。
しかもただ文章で説明するだけでなく、実際に簡単に投資を体験してみることでノウハウを
自分のものにすることができます。


Swingboyの主な特徴は以下のとおり

No.1 <簡単注文>
あらかじめ選別された数種類の銘柄の中からどれかを選び、「上がる」か「下がる」かを選んでもらうだけです。
身近な商品を扱う銘柄も多いため、単純明快な説明をもとにあなたの直感で選んでいただくこともできます。
    
No.2 <お任せトレード>
サイトオープン時間は夕方から翌朝8:50まで。
寄付に注文を入れたら後は大引けの結果を待つだけなので、日中に相場をチェックする必要はありません。
日中は忙しいサラリーマンでも安心です。

No.3 <できるかぎりリスクを回避する仕組み>
投資に躊躇する最大のポイントが「リスク」ですが、“swingboy”はデイトレード方式を採用。
長期保有リスクを回避することで安心して取引をすることができます。
   
No.4 <ナント!¥14,000から投資が可能!>
各銘柄の一口の申込み値段は14,000円~62,000円の低価格で設定されてます。
お財布と相談し、好きな商品と好きな数量を手軽に選ぶことができます。

No.5 <もちろん、結果もスピーディー>
取引結果は当日夕方には確定。翌日午前中には成果をお届けいたします。
予想通りに相場が動けば、毎日自分へのご褒美がもらえることになるかもしれません。


投資はギャンブルではありませんので、突然資金が2倍3倍には増えませんが、
毎日確実に成果を出す人は日々増え続けています。
自分で経験してみないと何も始りませんから、まずは「Swingboy」で
実際の経験を積むことから始めてみるのはどうでしょうか?


 ▽オンライントレード「Swingboy」
  (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

さくらフューチャーズ株式会社の関連情報

さくらフューチャーズ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!