Cybertrust社、マネージド・セキュリティ・サービスの一環として新たにインテリジェント・サービスを提供

~カスタマイズされたセキュリティ情報で 個々の顧客のビジネスニーズに直接対応~

サイバートラスト 2006年06月01日

2006年5月24日バージニア州ハーンドン発 - ビートラステッド・ジャパン株式会社のパートナ企業であり、情報セキュリティプロバイダとして世界的リーディング・カンパニーであるCybertrust(r)社はこのたび、同社のマネージド・セキュリティ・サービス(略称MSS)のポートフォリオに新たにサイバートラスト・インテリジェント・サービスを追加した、と発表しました。Cybertrust社が株式の過半数を所有する子会社Ubizen(r)がMSSセキュリティ・ダッシュボードを通して提供するこの新サービスによって、それぞれの環境に関するさらに深い洞察力および視認性をもたらす、拡充されたセキュリティ・インテリジェンスと脅威監視統計をCybertrust MSSのお客様へ提供することが可能になります。

Cybertrust社はセキュリティ・インテリジェンスの分野で長年にわたって優れた実績をあげてきました。その差別化された統合インテリジェンスは、同社がMSS市場でリーダとしての地位を確立する上で重要な役割を担ってきました。サイバートラスト・インテリジェント・サービスをMSSポートフォリオに組み入れることによって、リスク分析や早期警戒情報、お客様が脅威に事前対処し事業活動を効果的に守ることを目的とする専門的インテリジェンスなどの情報サービスを提供できるようになります。他のMSSベンダーやセキュリティ・データ・サービスからのデータとは異なり、この新情報サービスはCybertrust MSSが提供するサービスを直接補完するように設計されています。

Cybertrust社のグローバル・サービス担当シニア・バイス・プレジデント、Kerry Bailey(ケリー・ベイリー)は次のように述べています。「多くの組織が、インターネット上に現れる新しい脆弱性や脅威を知らせる基本的あるいは一般的なセキュリティ警告サービスについてよく知っています。しかしながら、当社の世界的な顧客基盤からのフィードバックによると、そのほとんどはセキュリティ情報をそれぞれの組織のニーズに応じて説明し、アドバイスを行う信頼できるパートナの存在をを欠いている状況です。サイバートラスト・インテリジェント・サービスはまさにそのような情報、つまり、シニア・セキュリティ・インテリジェンス・アナリストがとりまとめる、個々のお客様のビジネスニーズに対応した具体的な提言や勧告を提供します。」

サイバートラスト・インテリジェント・サービスは、新たに発生しつつある脅威に対して自社の資産を事前対応的に守るために現在のセキュリティ環境のより詳細な分析を必要としているMSSのお客様向けに設計されています。同サービスでは世界最大手MSSPとしてCybertrust社がセキュリティ情報や専門技術を総合的に活用し、同社のSMP、ICSA Labs(r)、社内のインテリジェンス・エキスパートを通して収集する情報を統合した最先端のセキュリティ情報を提供します。お客様にはその時々でセキュリティ業界で注目を集めているセキュリティ問題に関して、専門家による以下のようなアドバイスを提供します。
①ハッカーやウイルス、マルコードの「早期警戒」情報に関する分析とそれぞれ
の脅威への具体的な対応策に関する提言
②特定の大型脅威からビジネスを守るための専門家からの勧告
③7つの重要なリスク分野に関する詳細なレポート・分析・提案

MSSのお客様はサイバートラスト・インテリジェント・サービスのカスタムバージョンの選択が可能です。Cybertrust社のアナリストが従来および新たなセキュリティ情報源を探索して情報を厳選し、個々のお客様に、あらかじめ指定された分野において必要とされる情報や、その組織にとって重要と思われる情報を提供します。このカスタマイズされたサービスによってお客様はさらに有効な情報を入手し、自社のビジネスに悪影響をおよぼすと特定された脅威に対して、事前対応的なセキュリティ対策が可能になります。

Cybertrust社は、Frost & Sullivan社から2004年と2005年の年間最優秀MSSPに選ばれています。

Cybertrust社のMSSに関する詳細は
(リンク ») をご覧ください。


■Cybertrust社について
Cybertrust社は、世界的な情報セキュリティのスペシャリストであり、企業や政府機関がリスクを顕在化しかつコントロールできるための専門知識やマネージドサービスとテクノロジーを提供しています。15年を超える経験をもとに、Cybertrust社は、アイデンティティ管理、脅威の管理、脆弱性の管理、コンプライアンス管理の4つの重要なセキュリティ分野に焦点をおき、セキュリティ・ライフサイクル全般にわたって包括的に取り組んでいる初めての企業です。情報セキュリティ製品の認定に関して世界的なリーダであるICSA Labs(r)(本部:米国バージニア州)や世界で30を越えるオフィスをはじめとするリソース、比類ないセキュリティに関する知識と経験をベースに、ビジネスを展開しています。Cybertrust社は、世界中における4,000を超えるお客様にとって、情報セキュリティに関する信頼のおけるアドバイザです。
(リンク »)


■ビートラステッド・ジャパン株式会社について
2004年9月 米国にて、非公開企業としては世界最大級のセキュリティテクノロジベンダCybertrust社が誕生いたしました。Cybertrust社は、電子認証及びアイデンティティ管理のグローバルカンパニーBetrusted社と、マネージド・セキュリティ・サービスの欧州トップベンダUbizen社、インテリジェントリスクマネジメント領域におけるリーディング・カンパニーTruSecure社の3社が合併した企業です。
電子認証に関するテクノロジソリューション企業であった日本ボルチモアテクノロジーズ株式会社は、Cybertrustグループとの資本業務提携により、ビートラステッド・ジャパン株式会社として生まれ変りました。
さらに昨年6月に発表されたソフトバンクBBとの戦略的資本提携により、一層の事業拡大を目指してまいります。 
(リンク »)

*記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


■一般からのお問い合わせ先
ビートラステッド・ジャパン株式会社
Tel:03-6889-1575  Fax:03-6215-5266
E-mail:info@betrusted.co.jp
URL: (リンク »)

■報道関係者からのお問い合わせ先
ビートラステッド・ジャパン株式会社
広報: 根岸
Tel:03-6889-1577  Fax:03-6215-5266
E-mail:press@betrusted.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイバートラストの関連情報

サイバートラスト

サイバートラストの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?