ラクシーズ、サッカー、野球に特化したソーシャルニュースサービス、『サッカーSNSマークス』、『野球SNSマークス』を開始

株式会社ラクシーズ 2006年08月11日

プレスリリース

2006年8月11日
株式会社ラクシーズ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ラクシーズ、サッカー、野球に特化したソーシャルニュースサービス、
『サッカーSNSマークス』、『野球SNSマークス』を開始
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社ラクシーズ(東京都港区、代表取締役社長:間瀬佳昭)は、同社が運営する「サッカーSNS」、「野球SNS」において、2006年8月11日より、サッカー、野球に特化したソーシャルニュースサービス、『サッカーSNSマークス』、『野球SNSマークス』を開始いたします。

■サービス名: 
・サッカーSNSマークス (URL:  (リンク »)  )
・野球SNSマークス (URL:  (リンク »)  )

■概要
この度リリースするソーシャルニュースサービス『サッカーSNSマークス』、『野球SNSマークス』は、サッカー、野球に関連したインターネット上のニュース記事やブログ記事などをユーザーが投稿し、他のユーザーとニュースを共有することができるサービスです。

それぞれ「サッカー」、「野球」にテーマを特定した上で、ユーザーがインターネット上からピックアップしたニュース記事に自分のコメントや任意のタグを加えて投稿し、その投稿に対して他のユーザーが投票とコメントを加え、そのニュース記事をランキングする仕組みとなっています。

投稿された記事は、他のユーザーからの投票や投稿日時などをもとにランキング表示されるため、現在注目されているニュースを一覧で簡単に知ることができます。

ニュース記事の投稿は無料のユーザー登録(既存のSNSと一律)が必要です。投稿された記事の閲覧や投票は、登録不要で行うことができます。

『サッカーSNS』、『野球SNS』では、ソーシャルニュースサービス、SNS、Blogなどを融合し、SNSポータルサイトとして、新しいメディアを築き上げてまいります。



■ソーシャルニュースサービスについて
アメリカのDigg.comに代表される、ニュースのソーシャルブックマークサービス。
気になるニュースをインターネット上で他のユーザーと共有し、投票やコメント記入などを行うことで、注目されているニュース情報を共有することができるサービス。

■「サッカーSNS」、「野球SNS」について
『サッカーSNS』( (リンク ») )、『野球SNS』( (リンク ») )は、Web2.0メディアと称されるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)やBlog(簡易型日記)などを組み合わせ、それぞれ「サッカー」、「野球」に特化したSNSポータルサイトです。
SNSの特徴を活かし、ユーザー同士でのコミュニケーションが可能なだけでなく、「観戦記」や「日記」などのブログ機能を利用して、サッカーや野球の試合についてのレポート・情報を発信・閲覧することが可能です。
「サッカー」、「野球」にテーマを特定し、「ファン・サポーター向け」、「プレイヤー向け」、「通常のSNS」に機能を分類して提供していることが特徴です。

■参考資料(サービス画面キャプチャなど)
(リンク »)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■株式会社ラクシーズ 会社概要
2005年4月設立。資本金500万円。従業員数2名。
「サッカーSNS」( (リンク ») )、の他に、
「野球SNS」( (リンク ») )、
「ラクシーファッション」( (リンク ») )を運営。

所在地:東京都港区北青山1-3-3 三橋ビル5F
代表取締役社長:間瀬 佳昭
URL:  (リンク »)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
Tel: 03-3401-7530  モバイル: 090-8050-6473  E-mail: info@luxeys.com
担当者:間瀬 佳昭(マセ ヨシアキ)

※ 本広報資料は、ご自由にご転送・ご引用ください。

このプレスリリースの付帯情報

サッカーSNSマークス 参考画面

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ラクシーズの関連情報

株式会社ラクシーズ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!