ケーブルインターネット「ZAQ」が、関西の地域伝統の「祭り」をインターネットで “ライブ配信”

ブロードバンドをもっと身近に!関西の祭りをリアルタイムに楽しむ!

関西マルチメディアサービス株式会社 2006年08月22日

■池田がんがら火祭り【8月24日(木)】http://www.zaq.ne.jp/gangara/ ■八尾河内音頭まつり【8月26日(土)】http://www.zaq.ne.jp/kawachi-ondo/

関西においてケーブルインターネット「ZAQ(ザック=ブランド名)」を企画・運営しております、関西マルチメディアサービス株式会社(略称:KMS、本社:大阪市北区、社長:今川哲夫、資本金:4.8億円)は、今回、関西の地域伝統の夏祭りを「インターネット・ライブ配信」いたします。古くより地元で愛され続ける「大阪池田・がんがら火祭り」と、地元はもとより全国的に有名になった「八尾河内音頭まつり」です。圧巻の関西の夏祭りをインターネットでどうぞお楽しみください。


<サービス概要>
----------------------------------------------------------
■大阪池田・がんがら火祭り
大阪・池田市の伝統行事で、秋を呼ぶ風物詩として、1640年頃より毎年8月24日に
行われる大阪を代表する伝統の火祭り。
若者達の担ぐ大松明、五月山の文字火、子ども松明が夏の夜空を焦がします。

   ※ライブ配信日時 : 8月24日(木) 午後6時~午後10時
   ※ライブ配信URL : (リンク »)
---------------------------------------------------------
■第29回八尾河内音頭まつり
全国的にも有名な躍動感あふれる河内音頭を、本場・八尾で楽しむ一大イベント。
河内音頭一色の初日「大パレード」をライブ配信いたします。
色とりどりの衣装に身を包んだ様々な河内音頭チームが人々の目を楽しませてくれます。

   ※ライブ配信日時 : 8月26日(土) 午後3時~午後7時45分
   ※ライブ配信URL : (リンク »)

--------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------
■会社概要:関西マルチメディアサービス株式会社
--------------------------------------------------------
設立:1998年4月23日

関西23局のケーブルテレビ事業者と提携し「ZAQ」(ザック)というサービスブランドにてケーブルインターネット接続サービスを提供(2006年6月末現在の加入世帯数:約41万件)

--------------------------------------------------------
■関連リンク
--------------------------------------------------------
・関西マルチメディアサービス(KMS) (リンク »)
・ケーブルインターネット「ZAQ」 (リンク »)
--------------------------------------------------------
■本件に関するお問い合わせ
--------------------------------------------------------
関西マルチメディアサービス株式会社
広報担当 中村 / 広部
tel :06-6449-3695 
fax :06-6449-3667 
mail:info@kmsc.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

ケーブルインターネット「ZAQ」ロゴ

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

関西マルチメディアサービス株式会社の関連情報

関西マルチメディアサービス株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?