ビートラステッド・ジャパン、 慶應義塾に電子メールの安全性と信頼性を高める ソリューションとして「Cybertrust Managed PKI」を提供

~国内教育機関としては初のクライアント用S/MIME採用、 なりすましメールやフィッシングを防ぎ、電子メールの信頼性を向上~

サイバートラスト 2006年09月06日

情報セキュリティプロバイダであるビートラステッド・ジャパン株式会社(代表取締役社長:阿多 親市、本社:東京都港区)は、学校法人慶應義塾(塾長:安西 祐一郎、本部:東京都港区)に対し、電子メールの安全性および信頼性の向上を目的とした認証局アウトソーシングサービス「Cybertrust Managed PKI」を提供し、慶應義塾職員による電子署名付きメールの利用を開始すると発表しました。国内教育機関としては初となるこのたびのクライアント用S/MIME採用*により、慶應義塾では約2,000名の職員から送られるメールに電子署名が付与され、なりすましやフィッシングなどの不正利用に対応した、安心・安全なコミュニケーション環境が実現します。
*2006年9月当社調べ

「Cybertrust Managed PKI」は、ビートラステッド・ジャパンが長年に渡り蓄積した認証局構築運用ノウハウを適用した充実した標準サービスに加え、幅広いオプションサービスを提供します。各職員に電子的な身分証明書となる電子証明書を発行、配付し、この電子証明書を用いて送信メールに電子署名を施すことで、メールの受信者に対して、確かに慶應義塾職員から送信されたメールであること、またメールの内容が改ざんされていないことを確認できる信頼性の高いコミュニケーション環境を実現します。同サービスはこのたび、一切の個別カスタマイズなしに慶應義塾の様々なニーズに対応可能な柔軟性と将来的な拡張性の高さ、そして最もコストパフォーマスの高い認証局アウトソーシングサービスとして評価され、選定されました。

個人情報の取得を目的としたフィッシングの増大、愉快犯による偽りの情報の流布や社会混乱の誘発など、不正な電子メールの利用をきっかけとした様々な事件が社会問題となっています。慶應義塾ではこれらを深刻に受け止め、ICT(情報通信技術)社会におけるセキュリティ意識の向上、啓発のためにも先駆的に取り組むべく、国内教育機関としては初めて、課題解決に最適なPKI技術を用いたクライアント用S/MIMEの導入と、それを最も効果的に実現する「Cybertrust Managed PKI」の採用を決定しました。今後、電子署名付きメールの普及、促進、社会への啓発を図るため、慶應義塾職員の他、約40,000名の教員、学生への電子証明書の発行、配付を予定しています。

慶應義塾の村井 純常任理事(IT担当)は、以下のように語っています。
「現在では電子メールなどのインターネット上のコミュニケーションは情報社会のコミュニケーション手段としてすっかり定着しています。慶應義塾は1990年以来、社会に先駆けて「公式」なコミュニケーション手段としての電子メールを利用してきました。技術としては確立した状態にある暗号化と認証を利用した安全で安心なインターネット上のコミュニケーションは、その利用、啓発および普及促進に大きな課題があります。ビートラステッド・ジャパンの「Cybertrust Managed PKI」が、高い柔軟性と拡張性を有し、このような私どものニーズに応えるソリューションとして機能することを大きく期待しています。」

ビートラステッド・ジャパンは、今後もICT社会における安心・安全なコミュニケーション環境の実現に貢献するサービス、ソリューションの提供、ならびにパートナ企業との協業を進めていきます。


■Cybertrust Managed PKIについて
Cybertrust Managed PKIは、お客様がPKIを導入する際の初期導入コストや運用コストを抑え、安全確実な認証局サービスをアウトソーシングで提供します。PKIはスマートカードなどとの親和性も高く、また認証だけでなく文書の改ざん検知なども可能なことから、ICT社会においては最適なソリューションと言えます。
Cybertrust Managed PKIは、利用用途に応じた複数の証明書プロファイルを利用できるとともに、組織の規模や要件に沿った発行および配布フローを容易に実現できるよう予め設計されたサービスです。また多くの経験から得たノウハウを活かし、導入から運用までをトータルに支援します。
(リンク »)

■ビートラステッド・ジャパン株式会社について
2004年9月 米国にて、非公開企業としては世界最大級のセキュリティテクノロジベンダCybertrust社が誕生いたしました。Cybertrust社は、電子認証及びアイデンティティ管理のグローバルカンパニーBetrusted社と、マネージド・セキュリティ・サービスの欧州トップベンダーUbizen社、インテリジェントリスクマネジメント領域におけるリーディングカンパニーTruSecure社の3社が合併した企業です。
電子認証に関するテクノロジソリューション企業であった日本ボルチモアテクノロジーズ株式会社は、Cybertrustグループとの資本業務提携により、ビートラステッド・ジャパン株式会社として生まれ変りました。
さらに昨年6月に発表されたソフトバンクBBとの戦略的資本提携により、一層の事業拡大を目指してまいります。
(リンク »)

*記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

■一般からのお問い合わせ先
ビートラステッド・ジャパン株式会社
Tel: 03-6889-1575  Fax: 03-6215-5266
E-mail: info@betrusted.co.jp

■報道関係者からのお問い合わせ先
ビートラステッド・ジャパン株式会社
広報: 根岸
Tel: 03-6889-1577  Fax: 03-6889-5266
E-mail: press@betrusted.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイバートラストの関連情報

サイバートラスト

サイバートラストの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?