クネヒト、WikipediaとGoogle Maps APIとAmazonアソシエイト・プログラムとYouTubeとはてなキーワードAPIを利用した「Knecht クロニクル」のサービスを開始

有限会社クネヒト 2006年09月11日

 有限会社クネヒト(本社:姫路市 代表:萩原直人)は、2006年9月11日、WikipediaとGoogle Maps APIとAmazonアソシエイト・プログラムとYouTubeとはてなキーワードAPIを利用したKnecht クロニクルのサービスを開始しました。

Knecht [クネヒト] - Knecht クロニクル
(リンク »)

報道関係者各位
プレスリリース
2006年9月11日
有限会社クネヒト

クネヒト、WikipediaとGoogle Maps APIとAmazonアソシエイト・プログラムとYouTubeとはてなキーワードAPIを利用した「Knecht クロニクル」のサービスを開始

 有限会社クネヒト(本社:姫路市 代表:萩原直人)は、2006年9月11日、WikipediaとGoogle Maps APIとAmazonアソシエイト・プログラムとYouTubeとはてなキーワードAPIを利用したKnecht クロニクルのサービスを開始しました。

 Knecht クロニクル は過去の歴史的出来事を、現在の位置座標・映像・書籍・語彙などに結びつけるサービスです。

 この国で生活していると、日常のあいだに歴史を見ることはまれです。教科書で目にしたことはあっても、どこで起きたことなのか、その土地の周囲は荒涼としているのか山深いところなのかを把握している人はごく一部ですが、地球の裏側では、歴史的出来事に起因して、数十年経ったいまでも憎しみあい続けている人たちがいます。

 現代は、旅客機を使えばその日のうちにその土地に降り立つことができ、ウェブにアクセスすればほんの数時間前の目撃証言を得ることができる「近さ」になりましたが、依然として、わたしたちはワイドショーで報道される国内の悲劇も海外の悲劇も、どこか遠くの、自分とは無縁な土地で繰り広げられているものと感じ、それらの出来事をこちら側のものとして想像することができないでいます。

 歴史は本来、簡単に忘れることはできないものです。
 わたしたちはこの国でだけ生きているのではなく、世界中の歴史のはざまで生きているのです。

 当サービスにおいて、過去の歴史的出来事を、百科事典に記載された厳密なものではなく、一般市民が定義づけた映像や語彙と関連づける方針をとっているのは、わたしたちが生きるこの時代も、やがて過去として語られることになりますが、現代のわたしたちがその歴史的出来事について、どのような移ろいやすい感想や思想を持っているのか、を整理して提示することは、完全無欠の歴史書を作成するよりも意義深いものであると、クネヒトは考えるからです。

 クネヒトは以上のような思いから、当サービスを発表します。
 また今後、当サービス内の情報の充実と、関連づけの適正化を図っていきます。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?