GDO、新たな有料会員サービス『GDOプレミアム倶楽部』募集開始!

~憧れの“名門コース”予約受付スタート~

株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン 2006年10月10日

㈱ゴルフダイジェスト・オンライン(本社:東京都港区、代表取締役社長:石坂信也、以下GDO)は、会員サービスの新たな戦略として、有料会員サービス『GDOプレミアム倶楽部(http://www.golfdigest.co.jp/premium/default.asp)』を2006年10月10日に発足、申込み受付を開始致しました。

インターネットでゴルフのワンストップ・サービス(買う・行く・観る・つながる)を展開する㈱ゴルフダイジェスト・オンライン(本社:東京都港区、代表取締役社長:石坂信也、以下GDO)は、会員サービスの新たな戦略として、 有料会員サービス『GDOプレミアム倶楽部( (リンク ») )』を2006年10月10日に発足、申込み受付を開始致しました。

【GDOプレミアム倶楽部とは】
GDOクラブ会員で、GDOの定める入会資格を満たした会員のみが入会できる、有料会員サービスです。『GDOプレミアム倶楽部』に入会したユーザーは、メンバーシップ制で一般的に開放をしていない“名門コース”の予約サービスの提供を受けることが出来ます。

【背 景】
ゴルフ市場は、この数年で接待などのビジネスゴルフから個人の楽しみとしてのプライベートゴルフへと変わり、ゴルフ場も従来のメンバー制に頼るストック型経営から、顧客のニーズに応えるフロー型経営への転換期を向かえていました。また一方、ゴルファー側からは、会員権は持たずにメンバーシップ制の『名門コース』でプレーをしたいという要望が強くありました。それは、GDOクラブ会員のアンケート調査でも、「“名門コース”でプレーをしたい」との回答が全体の90%を占めるほど、その中でも「有料でも利用したい」との回答が多数寄せられる結果となりました。そこでGDOは、ゴルフ場に対して、メンバーシップ制の特性を壊さず、市場を拡大し、稼働率をアップさせる方法として、一定の基準を満たした特定の会員にのみ予約サービスを開始するという提案をし、賛同をいただき、『GDOプレミアム倶楽部』発足の運びとなりました。

<GDOプレミアム倶楽部概要>( (リンク ») )
【サービス内容】“名門コース”予約サービス
【募集開始日】2006年10月10日
【入会金】15,750円(税込)
【年会費】31,500円(税込)
【入会資格】
 1)年齢 30歳以上
 2)GDOハンディキャップが30まで、もしくはオフィシャルハンディキャップが30.0まで
 3)クレジットカードホルダー
 4)GDOクラブ会員、かつGSTART(ゴルフ場予約サービス)利用者、その他
【予約可能コース(一部)】
 ・茨城ゴルフ倶楽部
 ・大洗ゴルフ倶楽部
 ・大利根カントリークラブ
 ・小金井カントリー倶楽部
 ・太平洋クラブ御殿場コース
 ・東京ゴルフ倶楽部
 ・嵐山カントリークラブ など

■報道機関からのお問合せ先■
株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン 広報・IR室
内山(うちやま) pr@gdo.co.jp TEL03(5408)3011(直通)
〒105-0004東京都港区虎ノ門3-4-8

このプレスリリースの付帯情報

GDOプレミアム倶楽部

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ゴルフダイジェスト・オンラインの関連情報

株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン

株式会社ゴルフダイジェスト・オンラインの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!