イーバンク銀行とオーエムシーカードが業務提携

~「Jiyu! da! カード」のポイント換金サービス開始~

株式会社オーエムシーカード 2006年11月30日

株式会社オーエムシーカード(本社:東京都港区 代表取締役社長:江幡 真史 以下、オーエムシーカード)とイーバンク銀行株式会社(本店:東京都千代田区、代表取締役社長:松尾 泰一 以下、イーバンク銀行)は業務提携し、「Jiyu! da! カード」ポイントのイーバンク口座への換金サービスを12月1日よりスタートいたします。

「Jiyu! da! カード(URL; (リンク ») )」は、2003年から発行を開始し、「自由に使って、自由に払う」をコンセプトに、お客様がライフスタイルに合わせて支払額と支払方法をお選びいただけるのが特徴です。
また、「おしゃれで先進的」をキーワードに現在20代、30代を中心に会員の拡大を図っており、今回のオーエムシーカードとイーバンク銀行との業務提携により、お客様のニーズにお応えできるポイントサービスの拡充や決済口座の選択肢を増やすとともに、更に利便性の向上を図ることができます。

業務提携を記念し、12月1日から2か月間キャンペーンを行います。

キャンペーン期間中にイーバンク口座保有者が、新規にJiyu! da! カードへご入会いただくと、わくわくポイント777ポイント、またオーエムシーカードのJiyu! da! カード会員がイーバンク口座を新規開設し、決済口座またはポイント換金口座として設定していただくと、わくわくポイント500ポイントを差し上げます。キャンペーンは両社ホームページとメルマガで、相互に告知をおこない、会員およびイーバンク口座の拡大を目指します。
また今後は、イーバンク銀行の特徴である『リアルタイム振込』を利用した24時間即時振込のサービス、24時間即時返済のサービス等をおこない、利便性の拡大を予定しております。

イーバンク銀行は、最先端のIT技術を活用し、便利な決済サービスを提供する新しいタイプの銀行です。従来の発想にとらわれない斬新なサービスを提供し、お客様にとって最も使い勝手の良い銀行となれるよう、サービスの拡充を図ってまいりました。このたび、オーエムシーカードとの提携により、さらにお客様にとって使いやすく便利なサービスの拡充を図ることができるようになります。


【ポイント換金サービス内容】

〈開始時期が2006年12月までの場合〉
有効期限1年間でポイント付与基準は1,000円で1ポイント付与、ポイント交換は200ポイントで800円(還元レート:4.0円/1pt)となります。

〈開始時期が2007年1月以降の場合〉
有効期限2年間でポイント付与基準は200円で1ポイント付与、ポイント交換は1,000ポイントで800円(還元レート:0.8円/1pt)となります。

※わくわくポイント:OMCカードのご利用1,000円につき、1ポイント付与。200ポイントから各種ギフト券、商品券と交換いただけます。(07年1月よりポイントプログラムが改訂になりご利用200円につき、1ポイント付与。 1,000ポイントから各種ギフト券、商品券と交換いただけます。)
※キャンペーン対象となるポイントは、ポイントプログラム改訂後のポイントとなります。

以上

<ご参考>
【イーバンク銀行株式会社 概要】 
1.代表取締役社長  松尾 泰一
2.所在地      東京都千代田区内幸町一丁目1番7号 大和生命ビル
3.設立       2000年1月
4.資本金      323億31百万円
5.ホームページ  (リンク »)
      
【株式会社オーエムシーカード 概要】 
1.代表取締役社長  江幡 真史
2.所在地      東京都港区港南二丁目16番4号
3.設立       1950年9月
4.資本金      433億43百万円
5.ホームページ  (リンク »)

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社オーエムシーカード 
CSR推進部<広報> 伊藤・河内 TEL:03-6714-7723

イーバンク銀行株式会社   
広報IR室      永島・開発 TEL:03-3509-1896

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!