行動ターゲティング分析ASPサービスに広告ポストクリック効果機能を強化

≪ユーザ行動プロセスの「見える化」で広告費用対効果の新機軸を実現≫

株式会社アクティブコア 2006年12月04日

株式会社アクティブコア(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:山田賢治 以下、アクティブコア)は、行動ターゲティング分析サービス「ac cruiser ASP」に、インターネットユーザの行動プロセスを広告ポストクリック効果として可視化する広告評価機能の販売を12月1日より開始します。

インターネットユーザ特有の行動プロセスとして提唱される「AISAS(注1)」が示すように、多くのユーザは広告クリック後も興味がある商品情報を検索、サイト再訪、退出等の一連の行動を繰り返しながら意思決定に到ります。

従来インターネット広告評価として利用されているコンバージョン分析(注2)は、同一セッション内におけるユーザ行動を前提とした閲覧履歴情報を基準としているため、ユーザが購入時点で接触している広告(成果広告)を知ることは出来ても、そのユーザの行動喚起に影響を与えた広告(認知広告)を知ることは困難でした。そこで、アクティブコアは、広告の費用対効果を正確に把握するために、単なる広告クリックによるアクセス数だけでなく、最初にクリックした広告を再訪時にも評価対象とする広告ポストクリック効果(注3)を把握する仕組みをいち早くサービス化しました。

「ac cruiser ASP」は、行動ターゲティングを広告評価に応用することで、同一セッション内の行動履歴だけではなく、過去に遡ったセッションに含まれるユーザ行動履歴を収集・分析し、これまで困難であったユーザ行動における広告反応の可視化と、広告媒体の直接的・間接的な貢献度を数値化します。これにより、広告担当者は、認知喚起や即時獲得など目的に応じた広告クリエイティブの選択やコピーライティングにおける最適なキーワード選択が可能となり、掲載期間や投下コストの最適化による広告費用対効果を最大化することができます。

「ac cruiser ASP」で使用する専用の計測タグは、同一タグを使用するためタグIDの管理が不要であり、動的なコンテンツの測定や複数の異なるドメインが混在するサイト間の来訪者セッション管理にも標準対応しています。「ac cruiser ASP」は、計測対象とするコンテンツの月間アクセス総数に応じた従量課金サービスで月額¥52,500から提供します。アクティブコアは、旅行サイト、人材採用サイト、通販サイト、住宅・不動産サイト、金融サイトなど、ネット広告を多用している企業に対して初年度100社導入を目指します。

用語解説

≪用語解説≫

(注1)AISAS:
 従来の広告による購買心理形成プロセス「AIDMA」に対し、マス広告がそのまま購買行 動を引き起こすのではなく、ネットでの検索などの情報取得によって比較検討を行い 購買に至るインターネット特有の行動プロセス。Attention(認知)→Interest(興  味)→Search(検索)→Action(購買)→Share(情報共有) AISASは(株)電通の 登録商標。

(注2)コンバージョン分析:
 広告やコンテンツの費用対効果を把握する代表的な分析手法。通常、コンバージョン 分析は、総クリック数に占める獲得数の割合を算出し、総クリックからの獲得率(コ ンバージョン率)に基づいて評価を行う分析手法であり、多くの企業で広告効果検証 として利用されている。

(注3)ポストクリック効果:
 インターネット広告をクリックして、その時は購入まで至らなくても、その後にサイ ト訪問を果たし購入すること。またそうした誘導効果。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アクティブコアの関連情報

株式会社アクティブコア

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR