アクシイズ、自社LPOソリューションにテスト機能/自動最適化機能を拡張し「CONDUCTOR LCO」をリリース

株式会社アクシイズ 2006年12月06日

株式会社アクシイズ(本社:東京都港区、代表取締役CEO 海野 雄史、以下アクシイズ)は、LPO(ランディングページ最適化)の新ソリューションとして自社開発エンジンベースの「CONDUCTOR LCO(Landing Contents Optimization)」(http://www.axyz-conductor.jp/conductor-lpo/)をリリースした事を発表いたしました。

●自動最適化ツール
「CONDUCTOR LCO」は、検索キーワードやリスティング広告に応じたコンテンツを指定ページ上の任意の位置に配信する事により、コンテンツ単位で様々なパターンのランディングページを動的に生成する事が可能な自動最適化ツールとなります。
今回の新バージョンリリースでは特に「クリエイティブテスト機能」、「配信比率自動調整機能」を強化し、クリエイティブテストにおけるクリック率・コンバージョン率に応じ、効果的なコンテンツを任意の比率で自動配信する事が可能となりました。
また、同じキーワードからのランディングページであっても、曜日別、時間別に任意のコンテンツをテストする事等も可能でありコンバージョンアップにつながる効果的なランディングページの自動生成を実現いたします。

●様々なコンテンツの配信が可能
「CONDUCTOR LCO」の基本エンジンは広告配信システムとしても複数の実績があり、GIF形式・JPEG形式の配信はもちろん、Flash(*)を利用したリッチメディアコンテンツの配信を行うことも可能です。例えば特定のキーワードの場合はランディングページにフローティングコンテンツを表示して来訪者の興味を喚起させ高いコンバージョンにつなげる事も可能となります。

●自社開発の強みを生かし拡販
 LPOサービスに関しては、昨今各社にて様々な取り組みが開始されておりますが、多くのLPOツールは比較的高額な製品であり思いのほか導入が進んでいない現状があります。アクシイズでは自社開発ならではのローコスト、機能拡充のスピード面などで、SEM代理店や中小クライアントを含めた様々なクライアントに対して積極的に販売を行っていく予定であります。
 
 (注*) MacromediaおよびFlashは、Macromedia,Inc.の米国およびその他の国における商標、または登録商標です。
                                                    以上  
●株式会社アクシイズ
所在地:東京都渋谷区恵比寿南1-13-2 エビスコート3F
資本金:60,000千円
事業内容:
・「CONDUCTOR LCO」を中心とするランディングページ最適化システムの開発・販売  
・「CONDUCTOR AD 」を中心とする広告配信システムの開発・販売
・ リッチメディアコンテンツ配信の各種サービスの開発・販売
・WEBサイト制作業務全般


取得特許:特許第3616022号

【お問い合わせ先】
 株式会社アクシイズ 担当:小山   
           Tel:03-5724-5123 
           E-mail:info@axyz.co.jp
          URL : (リンク »)

用語解説

LPO(Landing Page Optimization):ランディングページ最適化の略。あるサイトを訪れた人が一番最初に閲覧するページ(ランディングページ)を最適化することで目的のページ(コンテンツ)への到達を図りやすくする事。一般的に検索エンジン経由での来訪者の約40%は、ランディングページを訪れた直後に離脱してしまうと言われており、ランディングページの作り方がコンバージョンアップの鍵と考えられております。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アクシイズの関連情報

株式会社アクシイズ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!