株式会社ネットエイジ、フィードパス株式会社、両社が運営する個人向けサービスで業務提携の基本合意

~ 「feedpath」「Saafブックマーク」連携でサービス強化 ~

フィードパス株式会社 2007年01月25日

株式会社ネットエイジ(本社: 東京都目黒区 代表取締役社長:西川 潔 以下ネットエイジ)とフィードパス株式会社 (本社: 東京都文京区 代表取締役社長:津幡 靖久以下フィードパス)は業務提携を行うことで基本合意し、ネットエイジの運営するソーシャルブックマークサービス「Saafブックマーク」(サーフブックマーク: (リンク ») )にフィードパスが運営する個人向けの情報管理サービス「feedpath」(フィードパス : (リンク ») )内の記事を簡単に、「Saafブックマーク」に投稿する機能を提供いたします。

また、「feedpath」に掲載されている記事に対してブックマークへの登録を行えるボタンを設置し、このボタンをクリックすることで、トラックバックやコメントを付けるのと同じように、記事を簡単に「Saafブックマーク」のソーシャルブックマークサービスへ登録できるようになります。さらに、「Saafブックマーク」に同サイト記事を「feedpath」で手軽に購読できる機能を提供したことにより、今後「feedpath」Feedリーダーでの購読が可能になります。

これにより、「Saafブックマーク」および「feedpath」相互間での情報収集、共有がより強化され、他者の意見も簡単に知ることができます。本連携により、今後のサービスの拡大を目指して参ります。

■株式会社ネットエイジ 会社概要【 (リンク ») 】

株式会社ネットエイジグループの100%子会社で、自社事業のほか連結(持分法含む)子会社8社を所有する、NETAGE GROUPのインターネット関連事業統括会社。自ら発案したビジネスアイデアを中心に、新規性の高いインターネットビジネスを次々に創造・具現化・成長させて、長期にわたって連結対象子会社として事業を育成。これまでに約30の事業を創出し、その多くは順調な成長過程にある。

* 代表取締役社長:西川 潔
* 主な事業:オンラインメディア事業(価格比較サイト「ECナビ」の企画・運営)
* 設 立  : 2004年3月9日
* 所在地 : 東京都目黒区上目黒2丁目1番1号中目黒GTタワー20階

■フィードパス株式会社 概要【 (リンク ») 】

フィードパス株式会社(Feedpath,Inc)は、2005年4月に創業された日本初のイントラブログシステム専業企業「ブログエンジン株式会社」に、サイボウズが企画・開発したインターネットサービス「feedpath」の事業統合をすることによって生まれ変わったベンチャー企業です。メタデータ配信技術であるFeedとFolksonomy(人間による情報分類)のコンセプトに基づき設計されたWebアプリケーションサービス「feedpath」運営(B2C)および、カスタマイズ不要で簡単に導入できるイントラブログ・システム「blogengine」のOEMライセンス提供(B2B)を事業ドメインにしています。Web2.0時代に最もフィットした企業として、個人・法人を問わず、全てのお客様にお使いいただける革新的なサービスとプロダクトを、今後も企画・開発し、ご提供してまいります。

*代表取締役社長:津幡 靖久 * 主な事業:ネットサービス「feedpath」とブログシステム「blogengine」、企業向けソリューション「feedpath Zebraの開発・販売
* 設 立  : 2005年4月5日
* 所在地 :東京都文京区後楽 1-4-14 後楽森ビル12階

■関連URL

Web2.0サービス「feedpath」
【 (リンク ») 】

ソーシャルブックマークサービス「Saafブックマーク」
【 (リンク ») 】

■その他資料

マスコミ各社様向け画像ページ
【 (リンク ») 】


●報道関係者からのお問い合わせ先

■フィードパス株式会社
担当 :西川
TEL  : 03-5805-9121

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!