「ポッドキャストは平日利用が顕著」

株式会社日経リサーチ 2007年04月03日

~日経リサーチ クロス・メディアリサーチの結果より~
好みの番組を、対応機器にダウンロードし、持ち運びしながらいつでも視聴できるポッドキャットのサービスの利用実態について調べたところ、平日と休日で利用に大きな違いがあることが判明した。

■ポッドキャスト利用率は伸び悩み状態
2007年2月にポッドキャストサービスの認知者に対して、「ポッドキャストの利用状況」について質問したところ、「利用したことがある」は34.3%で、「利用したことがない」は65.7%であった。また、「利用したことがある」と回答した上で、「現在利用している」は56.6%、「以前利用していたが現在は利用していない」は43.4%と、利用経験があっても利用が定着しているのは半数程度であった。

■ポッドキャストは平日の利用が顕著
 次に、現在の利用者に「ポッドキャストの視聴時間」について質問したところ、平日の場合、1回当たりの最多視聴時間は「20分~30分未満」が16.3%に対し、休日は「5分未満」の27.0%と、全体的に視聴時間が減っている。
 利用時間帯において、平日と休日に最も違いが表れるのは、午前7時から午前9時までの時間帯で、平日の利用率が2割程度に対し、休日は5%未満。平日と休日との利用時間の違いは通勤時間帯での利用が影響を与えているといえそうだ。

■調査概要
調査対象:16-69歳の男女
サンプリングソース:日経リサーチ・アクセス・パネル
調査日時:2007年2月19日~2月22日
有効回収数:4,807人
調査主体:㈱日経リサーチ

このプレスリリースの付帯情報

■ポッドキャストの利用状況

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社日経リサーチの関連情報

株式会社日経リサーチ

株式会社日経リサーチの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!