“あなたの写真が幸せを運ぶ。” 写真販売仲介サイトの「PIXTA」、非営利団体AOZORAが 開催するチャリティー写真展に協賛・写真提供

株式会社オンボード(東京都渋谷区 代表取締役:古俣大介)が運営する写真販売仲介サイト「PIXTA」は、非営利団体AOZORAが主催するチャリティー写真展に協賛します。

株式会社オンボード 2007年05月07日

このたび「PIXTA」は5月19日(土)・20日(日)に代々木公園のケヤキ並木(プロムナード)でAOZORAが開催する写真展において、同サイトの登録フォトグラファーから募った写真を無償で提供することになりました。提供される写真はポストカードとして販売され、収益はAOZORAから赤十字社に寄付されます。

AOZORAは写真を通じて社会奉仕をしたいと思うプロ・アマのフォトグラファーが集まった非営利団体です。代表が自らの体験から、病に苦しむ人たちのために何かできることをしたい、という思いで、写真を愛するメンバーを集め発足しました。AOZORAは定期的にチャリティー写真展を開催しながらメンバーの写真をポストカードにして販売し、その収益をすべて赤十字社に寄付する活動をしています。

そのメンバーの一人が「PIXTA」にフォトグラファーとして登録していたことで接点が生まれ、協賛する運びとなりました。「PIXTA」は個人のフォトグラファーが作品を展示・販売できるサイトです。現在約1200人のフォトグラファーが計45000点ほどの写真をサイト上に掲載しています。「PIXTA」ではこの写真展に先立ち、4月20日から4月30日まで同サイトの登録フォトグラファーに向けて作品の募集を行ったところ、10日間で428点以上の作品が集まりました。理念に共感して応募いただいた作品はすべてチャリティー写真展の会場でポストカードとして販売されます。また、その収益はAOZORAメンバーの作品と共に赤十字社に寄付されます。

このプレスリリースの付帯情報

AOZORAチャリティー写真展開催地

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社オンボードの関連情報

株式会社オンボード

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!