株式会社プロフィールド、アドビシステムズ社Webサイトにおいて Adobe InDesign CS3 「XMLルールエンジン開発パートナー」として掲載

株式会社プロフィールド 2007年05月08日

株式会社プロフィールド(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:植野 博、略称プロフィールド)がAdobe Systems Incorporated(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ 以下、アドビ システムズ社)Webサイトにおいて、Adobe InDesign CS3「XMLルールエンジン開発パートナー」として紹介されました。

Adobe InDesign CS3ファミリー製品の新機能であるXML ルール処理エンジンはXMLコンテンツに対し、汎用的なスクリプトで定義したルールを適用することで、レイアウトの自動化を実現します。このルールの定義に利用するスクリプトはJava Script, VB Script, Apple Scriptになります。

プロフィールドは、Adobe InDesign CS3ファミリー製品対応XML自動組版プラグイン「ProDIX 5.0」ファミリーにおいて、新機能、XML ルール処理エンジンと連携し、外部アプリケーションからの柔軟なXML自動組版の環境を実現するソリューションを展開する予定です。

日本サイト: (リンク »)
米国サイト: (リンク »)

【Adobe InDesign CS3ファミリー製品について】
Adobe InDesign CS3ファミリー製品はXMLやPDFなどのオープンな規格に対応し、その高い拡張性によって、様々な顧客のニーズに合わせたカスタムソリューションを構築することが出来る統合されたパブリッシング製品です。
※Adobe InDesign CS3ファミリー製品の詳細についてはアドビ システムズ社Webサイト( (リンク ») )をご参照ください。

【アドビシステムズ社について】
アドビ システムズ社は、1985年に発表したPostScriptにより、DTPという新たな市場を築き、その後もデザインツールの提供を通してパブリッシングソリューションを拡充してきました。アドビ システムズは、2001年より提供を開始したAdobe InDesignにより、日本語専用システム同等の高度な制作環境を実現するだけでなく、OpenTypeフォント対応による新しい出力ワークフロー、 XML技術を用いたワンソースマルチユースによる新しいデジタルコンテンツの管理、配信環境を提供し、先進的で拡張性の高いパブリッシングソリューションの基盤整備に努めています。( (リンク ») )

【プロフィールドについて】
プロフィールドは、XMLを中心としたシステム開発やXMLデータベースの構築、並びにパブリッシング関連のパッケージ製造・販売を行っています。
自社パッケージ製品であるXMLコンテンツマネジメント製品「XCMS」並びに、Adobe InDesign対応XML自動組版プラグイン「ProDIX」ファミリーはデジタル情報管理と工程管理の連携、非定型構造を持つXMLコンテンツを取り扱うワークフローを強力にサポート、複数のメディアに対するXMLコンテンツの有効活用を強力に支援するソリューションです。
また、プロフィールドは、Adobe InDesignとXMLデータベースNeoCoreとの連携システムの開発をいち早く実現し、特に製造業、印刷・出版業に対して低コストで高機能なXMLパブリッシングソリューションを提供しています。( (リンク ») )

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社プロフィールド マーケティングプロモーション部
E-mail:profield_mktg@profield.jp

このプレスリリースの付帯情報

XMLルール処理エンジンで可能になること

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社プロフィールドの関連情報

株式会社プロフィールド

株式会社プロフィールドの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから