ウイングアーク、普及するPDF帳票分野で、業種業態を問わず本格的な業務に耐えうるハイグレードな多機能帳票出力「SVF for PDF」を発表

PDFによる一連の帳票運用において生成されるPDF文書の活用・効率化を一挙に実現 PDFのもつ付加価値を劇的に高める“High Grade PDF”

ウイングアーク1st株式会社 2007年05月16日

 Form & Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(以下ウイングアーク テクノロジーズ、本社:東京都港区 代表取締役社長 内野弘幸)は、企業システムが必要とする帳票分野で最先端のその先を捉える帳票INNOVATION(※1)をスローガンに、ビジネスを支える情報システムにとって将来にわたり有益となる“次世代Web帳票”を実現し、“開発環境革新”を追及します。今回その第一弾として、“次世代Web帳票”の一翼を担う“High Grade PDF”をテーマとした新たなソリューションとして「SVF for PDF」を、発表いたします。
 「SVF for PDF」は、Web環境で普及するPDF(※2)による帳票出力の分野で、本格的な業務での適用に課題をもつ帳票運用に応えるため、これまでのSVF帳票運用製品を統合してPDF生成ならびに運用面の機能強化をはかり、7月5日より出荷開始いたします。

 「SVF for PDF」は、これまで実績を積んできた「SVF for Web/PDF Java Edition(※3)」の最新版をコアに、従来の「SVF for Web/PDF Utility(※4)」の機能を統合し、本格的な業務のニーズに耐えうる付加価値の高いPDF帳票運用を実現するオールインワン・ソリューションパッケージです。「SVF for PDF」から生成される“High Grade PDF”は、本格的な基幹系業務帳票運用において必要な細かな要件に応える機能を備えるほか、フロント業務においても有効活用でき、広い業務範囲でのPDF帳票運用の効率化を実現することが可能です。

 価格は、導入のしやすさを最優先に配慮し、「SVF for Web/PDF Java Edition」単体で提供してきた価格帯のまま、以下の価格で提供いたします。
・「SVF for PDF Ver7.5」Windows版、Linux版  800,000円(消費税別/1サーバ1CPU)
・「SVF for PDF Ver7.5」UNIX版  1,200,000円(消費税別/1サーバ1CPU)

 「SVF for PDF」は、すでにSVFによるPDF帳票システムを構築されているお客様をはじめ、新規で帳票ジャンルのシステム化を検討する情報システム部門様、SI企業様への導入をはかります。

 これまでに、SVFに代表される帳票ツールを用いたPDFによる帳票出力環境は、Web環境に移行する業務システムにおいて数多く構築されるようになりました。しかし昨今、本格的な業務で運用する場面では、多様化する帳票ジャンルへの適用でパフォーマンス問題が表面化したり、各部門で大量に生成されるばかりのPDF帳票文書を効率的に活用ができない、といったユーザ企業様の声があります。一方で、フリーや単機能低価格ソフトによる制限やサポート・アフターフォローの問題、さらに業務ごとに紐付けされたバラバラの帳票システムを統合するなどのニーズも顕在化してきています。

 ウイングアーク テクノロジーズ では、業界で始めてPDFを利用した帳票ソリューションを発表した1997年以来、PDFによる本格的な業務帳票出力ソリューションのリーティングカンパニーとして業界を牽引してまいりました。この度、PDF文書運用におけるお客様の課題を克服するために、単なるPDF生成機能だけにとどまらず、文書の運用効率化や帳票基盤として耐えられる共通化・標準化・一元化がはかれるコンセプトをもつ製品化とサポート・アフターサービスが急務と考え、製品体系を見直し、このたび「SVF for PDF」をリリースする運びとなりました。

 「SVF for PDF」は、次世代帳票開発ツール「SVFX-Designer」と連携し、発注書や給与明細、見積書などの基幹系業務帳票分野にとどまらず、BtoC分野などのフロント業務で利用される新たな帳票ジャンルとなる保険帳票や診断シート、進捗表、旅行行程表などの様式にも幅広く適用されます。とくに、これまでの製品と異なり、PDFの生成時に複数のPDF文書のマージ処理や閲覧制限、PDFファイルの持ち出し抑止に有効な機能など、従来のPDF帳票に対して数々の付加価値を付帯した“High Grade PDF” を形成することができ、お客様の運用を大幅に効率アップすることが可能です。
 さらに、複数のサーバ間連携による短期構築、電子帳票システム連携など、システム全体の一貫した運用軽減に向けた課題解決を推進することができます。

 なお、「SVF for PDF」詳細については下記URLをご参照ください。
(リンク »)

【補足】
注1:「帳票INNOVATION」について
お客様の帳票運用モデルにあわせ、「つくる(開発する)側」と「つかう(利用する)側」の双方にとって、わかりやすく、帳票のメンテナンスビリティにすぐれた製品・サービスを兼ね備える “総合的な帳票サービス”をご提供するトータルソリューションです。「帳票INNOVATION」で、 開発環境、帳票運用が変わり、IT化できる帳票ジャンルが飛躍的に拡がります。

注2:「PDF」について
アドビシステムズ社が開発、一般に広く普及している電子ドキュメントのファイルフォーマット。

注3:「SVF for Web/PDF Java Edition」について
Web環境から企業システムに欠かせない本格的なPDF帳票出力を実現する帳票エンジン。 精度とパフォーマンス重視の帳票作成、そして短期構築で選択される実績と信頼性を実現します。主要なWeb Application Serverとの実績豊富な連携によって、Webシステムからブラウザによる帳票参照や印刷、電子ファイリングなど実用的なPDFの帳票運用を可能にします。

注4:「SVF for Web/PDF Utility」について
SVFで作成するPDF帳票に対して、既存SVFによる帳票システムに手を加えることなく、個人情報や社外秘情報を含むPDF帳票のセキュアな運用・文書管理の効率化を実現しセキュリティ・文書管理の機能拡張を付加することができる製品です。

【稼動環境】
■サーバ環境 
・UNIX版/Linux版 サーバ環境
Solaris 8(SPARC)、9(SPARC)、10(SPARC)
AIX5L
HP-UX11i(v2:IPF)
Red Hat Enterprise Linux AS3.0,ES3.0,AS4.0(x86互換、32bit)
Red Hat Enterprise Linux ES4.0, AS4.0(EM64T、64bit)
MIRACLE LINUX V4.0 - Asianux Inside(x86互換、32bit)
MIRACLE LINUX V4.0 - Asianux Inside for x86_64 (EM64T、64bit)

・Windows版 サーバ環境
Windows(R)2000 Server、Advanced Server※
Windows(R) Server 2003, Standard Edition, Enterprise Edition(32bit)※
Windows(R) Server 2003, Standard x64 Edition, Enterprise x64 Edition
Windows(R) Server 2003 R2, Standard Edition, Enterprise Edition
Windows(R) Server 2003 R2, Standard x64 Edition, Enterprise x64 Edition

※Windows(R)2000 Datacenter Server、Windows Server 2003, Datacenter Editionには、対応していません。Microsoft(R)クラスタサービスや、ターミナルサービスには対応しておりません。
Windows(R)2000、2003での詳細については、ウイングアーク テクノロジーズまで問い合わせください。

・Java環境 JDK 1.4.2、 1.5(Java5.0)

■クライアント環境
Webブラウザ ※
日本語Adobe(R) Reader 6.0、Adobe(R) Reader7.0、Adobe(R) Reader8.0
※ Windows(R) Vista上でのAdobe(R) Reader8.0での動作については ウイングアーク テクノロジーズ までお問い合わせください。

■DB ドライバ環境(SVFクエリー使用の場合)
JDBC (ODBC、Oracleネイティブドライバ、SQL-NET、NET8)

■必要なソフトウエア
帳票を生成する実行環境には、SVFX-Designer Ver1.0/1.1で作成したフォームファイル、またはSuper Visual Formade設計部Ver6.3で設計したフォームファイルが必要です。

※各詳細はウイングアーク テクノロジーズまでお問い合わせください。

[ウイングアーク テクノロジーズについて]  (リンク »)
「Form&Data」のウイングアーク テクノロジーズは、大手SI企業や企業の報システム部門が取り組むシステム開発と現場業務の効率化をはかるため、「帳票、レポート、ドキュメント」の分野に特化したツール・ミドルウエア製品、サポート、導入支援、トレーニング等のサービスを提供します。とくに、情報システムに共通する「データ」のINとOUTに対して、業務に見やすい「フォーム」を使ったユーザインターフェイスによって、ソフトウエアの組み合わせによる短期システム構築と、わかりやすい業務の運用を実現しています。
・「StraForm-X」【帳票入力】業務にあるドキュメントのデータ化とWebシステム化
・「Dr.Sum EA」【データ活用】業務に蓄積されるデータの高速な集計分析と可視化
・「SVF」【帳票出力】基幹系帳票システムの統合・共通化、帳票運用の効率的な一元化

[会社概要]
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
資本金:1億円
売上高:62億円(2006年2月期)
従業員数:146名(2007年2月現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。

<製品に関するお問合せ先>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社  
〒108-0075 東京都港区港南1-8-15 Wビル14F
TEL:03-6710-1700  FAX:03-6710-1701  
E-mail:tsales@wingarc.co.jp

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ウイングアーク1st株式会社の関連情報

ウイングアーク1st株式会社

ウイングアーク1st株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!