セミナーマーケティングのシャノン、総額1億5,291万円の第三者割当増資を実施

サンブリッジ、アルトビジョン等が引き受け マーケティング分野におけるSaaSの展開をさらに加速

株式会社シャノン 2007年05月25日

セミナー・イベントマーケティングASPを提供する株式会社シャノン(東京都港区、代表取締役:中村健一郎、以下「シャノン」)は、 この度、株式会社サンブリッジ、オリックス・キャピタル株式会社、MSCインベストメントLLP、エヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズ株式会社、みずほ証券株式会社、みずほキャピタル株式会社、株式会社アルトビジョン、株式会社セレブレイン等を割当先とした第三者割当増資を実施しましたので、お知らせいたします。今回の増資により、シャノンの資本金は、1億923万5,000円(資本準備金9,245万5,000円)になります。

1.背景・内容
シャノンは、セミナー・イベントマーケティングを支援するASPとして、見込客DB、CMS、メール配信といったセミナーを中心とした継続的なマーケティング業務に必要な機能を網羅したマーケティングアプリケーション「Sm@rtSeminar2.0(スマートセミナー)」( (リンク ») )を企業向けに提供しています。「Sm@rtSeminar2.0」はマルチテナント形式のSaaS(Software as a Service)ソリューションとして中小企業から大企業まで全ての顧客が同じサービスを利用でき、またWEBサービスによってSalesforce.comやオンラインクレジット決済サービス等の外部パートナーのサービスとの連携も可能なEnterprise Web2.0サービスです。

今回の増資により、シャノンはインフラやセキュリティ体制の増強や販売代理店網の構築、研究開発およびサービスの改善など、 セミナー・イベントマーケティングASP事業への投資の強化を図るとともに、下記のように各社と協業し法人マーケティング分野におけるSaaSの展開をより一層加速させます。

(1)株式会社サンブリッジ( (リンク ») )
世界的なSaaSカンパニーである株式会社セールスフォース・ドットコムの関連会社としての戦略および業務実行の支援。子会社の株式会社サンブリッジソリューションズによる販売支援

(2)株式会社アルトビジョン( (リンク ») )
法人向けマーケティングソリューション事業における業務提携
※事業内容:戦略立案などのコンサルティングサービスと同時に、コンテンツ制作、メール配信、データ分析などのアウトソーシングサービスを提供し、ワンストップでメールマーケティング、モバイルプロモーションを支援

2.第三者割当増資の主な割当先
(1)株式会社サンブリッジ
(2)オリックス・キャピタル株式会社(ファンドによる)
(3)MSCインベストメントLLP(ファンドによる)
(4)エヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズ株式会社(ファンドによる)
(5)みずほ証券株式会社
(6)みずほキャピタル株式会社(ファンドによる)
(7)株式会社アルトビジョン
(8)株式会社セレブレイン

3.株式会社シャノンの概要
  1.社名  株式会社シャノン
  2.本社所在地  東京都港区赤坂6-8-8
  3.電話  03-5114-0670(代表)
  4.設立  2000年8月25日
  5.資本金  1億923万5,000円(2007年5月現在)
  6.代表者  代表取締役 中村健一郎
  7.事業内容  マーケティング支援SaaS/ASP事業
  8.URL   (リンク »)

株式会社シャノンは、2000年8月に代表取締役の中村健一郎が慶応大学在学中に設立。2002年より、展示会管理システム、セミナー管理システムに特化したASP事業を開始。毎年各種大型イベント、企業のプライベートショウや年間の継続的なセミナーの運営管理システムを提供。現在は『シャノンのASPでお客様のビジネスに感動を』をコンセプトに、「Sm@rtSeminar2.0(スマートセミナー)」を中心にオンデマンドASPを提供しています。

■ 本件に関するお問い合わせ
株式会社シャノン 取締役副社長 永島
TEL:03-5114-0670  E-mail: nagashima@shanon.co.jp  

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから