ゲッティ イメージズ ホームページ リニューアルのご案内 ~6/16動画サイト完全リニューアル~

ゲッティイメージズジャパン株式会社 2007年06月18日

商業用写真、フィルムのインターネット販売を行う、世界最大規模のビジュアルコンテンツプロバイダー、ゲッティ イメージズ(本社:ワシントン州シアトル、日本法人代表取締役 ショーンF. ムーニー
URL:  (リンク ») キャンペーンサイト: (リンク ») )は、お客様へサービス向上の一環として、ホームページのリニューアルを実施いたします。

本リニューアルにより、弊社の検索フローは更に改善され、また、お客様のお好みの結果表示などのカスタマイズ機能も充実し、業界最大級のコレクションから、お客様がお探しの静止画、動画をよりスムーズにご覧いただくことが可能になります。

下記の日程にて、リニューアルページの公開を予定しております。
なお、本リニューアルによるサイトアドレスの変更やお客様の登録内容の変更、再登録などの必要は一切ございません。

■動画サイト完全リニューアル:(日本語版)   (リンク »)
□リニューアル日: 2007年6月16日
□動画ライツマネージの販売終了/動画ライツレディへの移行
本リニューアル実施日より、弊社の動画『ライツマネージ商品』の販売を終了させていただき新たに
『ライツレディ』へと移行させていただきます。
□24時間ダウンロード可能
放送品質の画像が24時間いつでもダウンロード可能。よりお客様の業務フローにフレキシブルに対応させていただきます。
*ご希望のお客様にはテープによる納品サービス(有料)を継続させていただきます。
*動画ライツレディの価格体系などのついては、下記フリーコール、またはメールにてお問合せください。
<お問い合せ先 0120-369-299 (土日祝除く 9:30~20:00) sales@gettyimages.com>

■静止画(クリエイティブ・エディトリアル)テストサイト: 
□テストサイト公開予定日: 2007年6月16日 URL: (リンク »)
*テストサイトのURLや公開の詳細については、追ってご案内申し上げます。
*テストサイト公開中は、現行のサイトには、一切の変更なく使用いただけます。

《ゲッティ イメージズについて》
ゲッティ イメージズは、世界中のコミュニケーションプロフェッショナルに向けて、最大で最適なスチル写真・動画コレクションを制作・提供する、世界有数のイメージコンテンツプロバイダー。スポーツやニュースなどの報道写真から、歴史資料的イメージやコンテンポラリーなイメージにまでおよぶゲッティ イメージズの製品は、新聞、雑誌、広告、映画、テレビ、書籍、ウェブサイト等、あらゆるメディアで日常的に利用されています。ゲッティ イメージズのウェブサイト( (リンク ») )は、その優れたコンテンツ群から、多くのクリエイター達にイメージの検索・購入先として支持されています。ゲッティ イメージズは、ワシントンのシアトルに本社を構え、100ヶ国を超える国々に顧客を有するグローバルカンパニーです。詳しくは、ゲッティ イメージズのキャンペーンページ: (リンク ») をご覧下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〔リリースに関しての問合せ〕
N&Mプロジェクト 赤石
TEL: 03-6421-6100
FAX: 03-6421-6102
E-mail: getty@nandmproject.com

〔ゲッティ イメージズ ジャパン〕
東京都渋谷区神宮前1-3-12 ジブラルタ生命ビル2F
TEL: 03-5770-0610
URL:  (リンク »)
キャンペーンサイト:  (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ゲッティイメージズジャパン株式会社の関連情報

ゲッティイメージズジャパン株式会社

ゲッティイメージズジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!