ポイント交換サービス「PeX」、ポイントサイト「マイポイント」と提携 ~貯めるパートナーサイトが11社となり、利便性向上~

株式会社VOYAGE GROUP 2007年06月28日

ECナビプレスリリース
報道関係者各位
2007年6月28日


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ポイント交換サービス「PeX」、ポイントサイト「マイポイント」と提携
~貯めるパートナーサイトが11社となり、利便性向上~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


価格比較サイト「ECナビ」を運営する株式会社ECナビ(東京都渋谷区、
代表取締役CEO:宇佐美 進典)の子会社で、ポイント交換サービスを
運営する株式会社PeX(東京都渋谷区、代表取締役CEO:宇佐美
進典)は、2007年6月28日、マイポイント・ドット・コム株式会社(東京都
品川区、代表取締役:久保田 哲)が運営する「マイポイント」と業務提
携を行い、ポイントの交換サービスを開始いたしました。



         PeX      (リンク »)
         マイポイント  (リンク »)



今回の提携により、ポイントサイト「マイポイント」で貯まったポイントを
「PeX」を通じて、自分の使いたいサービスや商品、現金に交換する
ことが出来るようになりました。



マイポイント との相互ポイント交換レート
  【マイポイント ポイントからPeXポイントへの交換】
   マイポイント ポイント 100P ⇒ PeXポイント 100P



これにより、ポイントを貯めるパートナーサイトが、現在の「ECナビ」
「Amebaブログ」「ちょびリッチ」「ブルーチップ」「yosoo.net」
「HESO-CLICK」「affit」などに加え11サイトとなり、PeXを利用される
ユーザーも合算可能なポイントが増え、より無駄なく交換しやすくなりました。


PeXは、ポイントの流動性を高め、インターネット上にポイント経済圏を創ります。
そのためにまず、ユーザー利便性向上のため、オフラインポイントとも積極的に
連携し、2008年2月までに提携社数100社、2009年度9月期では、ポイント
交換総額50億を目指します。


------------------------------------------------------------------

■マイポイント・ドット・コム株式会社

代表取締役社長:久保田 哲
所 在 地:東京都品川区西五反田3-5-20 DNP五反田ビル
U  R  L : (リンク »)
資 本 金: 10,000,000円
事業内容 : マイポイントプログラムを使用した広告、
        マーケティング・システムの企画、開発及び運営
関連媒体 :マイポイント(  (リンク »)  )     


-------------------------------------------------------------------

■株式会社PeX

代表取締役: 宇佐美 進典
所 在 地 : 東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス8階
T  E  L : 03-5459-1215  F A X : 03-5459-5571
U  R  L :  (リンク »)
設   立 : 2007年1月22日
資 本 金 : 1億6000万円(準備金含)   
関連会社 : 株式会社ECナビ( (リンク ») )
         株式会社サイバーエージェント
        ( (リンク ») )
事業内容 : 情報処理サービス業及び情報提供サービス業/
         インターネットを利用した電子取引決済事業


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<本件に関するお問合せ>
株式会社ECナビ 経営本部広報担当: 江頭(エトウ)
TEL:03-5459-3934 FAX:03-5459-4223 E-mail:pr-info@ecnavi.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社VOYAGE GROUPの関連情報

株式会社VOYAGE GROUP

株式会社VOYAGE GROUPの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから