「Enterprise Web2.0」日本ネクサウェブと帳票ソリューション「SVF」ウイングアークが協業

基幹システムのレガシーマイグレーションに向けたSOAソリューションを共同提供 ~次世代Webを見据えたオープン系システムソリューション~

ウイングアーク1st株式会社 2007年07月04日

 日本ネクサウェブ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:渡邉 浩之、以下「日本ネクサウェブ」 )と、ウイングアーク テクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 内野弘幸、以下ウイングアーク テクノロジーズ)は、このたびレガシーマイグレーションソリューションの提供において協業することを発表します。次世代のNewユーザエクスペリエンスを実現する基幹システムWebプラットフォーム「Nexaweb」と、オープン環境における帳票分野で高い実績を持つウイングアーク テクノロジーズの「Super Visual Formade(以下、SVF)」との連携により、システム全体の開発、運用、サポートに関わるROIを高め、且つ、汎用機上で複雑に処理運用されていた既存システムのJavaの基盤技術をベースとしたオープンシステムへのマイグレーションをスムーズに実現します。

■現状と課題
 多くの企業では、内部統制やシンクライアントによる情報管理、保守運用費用の削減などの理由により、これまで利用してきたレガシーシステムからWebシステムへと移行を促進しています。しかしながら、現状は、既存アプリケーション、ツール、スキル、インフラを継承、SOA連携、アプリケーションの操作性やパフォーマンスなど、ユーザビリティできないなど、設計手法のみならず実装段階での難易度の高さに起因した開発コストや品質の問題が大きな障壁となっていました。

■協業ソリューションの詳細
 レガシーシステムのマイグレーションにおいても、既存アプリケーション同等の機能性やパフォーマンスをWebシステム上で実現するリッチクライアントや非同期通信ソリューション、シンクライアントへのニーズは特定の業種を問わずに益々、高まっています。
「Nexaweb」は、基幹Webシステムへのマイグレーション事業において、1)ユーザインターフェイス(次世代Web)の高い生産性と機能拡張、
2)大規模基幹システム(ミッションクリティカル)やモニタリング業務に耐えうる高速なパフォーマンス、
3)信頼性の高いクライアント/サーバWeb通信モデル、
4)運用開始後のクライアントアプリケーションの保守・管理の負荷軽減(TCO)
を可能とし、複合的な既存のレガシー資産からエンタープライズ・マッシュアップを可能とする次世代Webアプリケーションを実現します。
 
 ウイングアーク テクノロジーズは帳票システムの生産性と資産を継承しつつ、SOAの進化に沿うかたちで全社帳票機能を「帳票サービス」として提供するコンセプト「帳票SOA」を提唱し、帳票機能の一元化により業務帳票の運用の効率化をはかります。帳票ソリューション「SVF」は、レガシーシステムで運用されてきた大規模な帳票データの出力と運用管理を基幹システムのオープンシステム上で柔軟に対応し、導入企業は13000社にのぼります。また、Web環境下での多様な帳票出力形態を提供し、オープン環境での一元的な業務帳票運用を実現し、開発工数の削減、業務の効率化と安定稼働を可能にします。この他、高性能のオープン系プリンタによるセンター集中印刷、Webベースの拠点バッチ印刷、取引先へのFAX出力、軽量PDF出力、CSV出力、TIFF出力、メール配信、電子保存システム連携など、それぞれの業務の用途に合わせた拡張性に優れた帳票出力ソリューションが提供可能となります。

 このたびの、次世代の基幹システムWebプラットフォーム「Nexaweb」と帳票運用の一元化と効率化をはかる「SVF」の連携によって、リアルタイムに業務運用の最適化をはかり、生産性向上やTCO軽減を実現し、ミッションクリティカルな業務に対して安全かつ信頼性の高いソリューションを提供いたします。

 ◇両製品の連携詳細については以下URLをご参照ください。
    (リンク »)

 両社は、レガシーマイグレーション分野のアライアンス協業をすすめ、そのプロモーションの一環として、きたる7月20日に共催セミナーを実施いたします。

*セミナーのご案内
基幹システム統合ソリューション 「Nexawebで実現する基幹システムのWeb2.0化」
~ 金融・製造業界におけるNexaweb導入事例を一挙公開 ~
共催:日本ネクサウェブ株式会社/ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
協力:サン・マイクロシステムズ株式会社
日時:2007年7月20日
詳細 ⇒ (リンク »)

[日本ネクサウェブについて]
日本ネクサウェブは2005年7月に米国Nexaweb社(本社:マサチューセッツ州バーリントン)の日本法人として設立され、「Nexaweb」製品の企画/ライセンス販売、技術サポート/コンサルティング、関連パッケージ及び販売、教育・コンサルテーションなどをメインの業務内容としています。「Nexaweb」は全世界4000社以上の導入実績を持ち、日本国内では特に、金融・損保業界を中心に実績があります。ミッションクリティカルな環境下で安定した耐久性を必要とされるWebの通信層やプレゼンテーション層に関わる多くの課題を解決し、同時に「リッチクライアント」「双方向非同期通信」「リアルタイム性」「シンクライアント」を実現する統合的な基幹システムWebプラットフォームです。

[会社概要]
社名:日本ネクサウェブ株式会社
代表取締役社長:渡邉浩之
設立:2005年7月
URL: (リンク »)

[ウイングアーク テクノロジーズについて]
「Form&Data」のウイングアーク テクノロジーズは、大手SI企業や企業の情報システム部門が取り組むシステム開発と現場業務の効率化をはかるため、「帳票、レポート、ドキュメント」の分野に特化したツール・ミドルウエア製品、サポート、導入支援、トレーニング等のサービスを提供します。とくに、情報システムに共通する「データ」のINとOUTに対して、業務に見やすい「フォーム」を使ったユーザインターフェイスによって、ソフトウエアの組み合わせによる短期システム構築と、わかりやすい業務の運用を実現しています。
・「StraForm-X」【帳票入力】業務にあるドキュメントのデータ化とWebシステム化
・「Dr.Sum EA」【データ活用】業務に蓄積されるデータの高速な集計分析と可視化
・「SVF」【帳票出力】基幹系帳票システムの統合・共通化、帳票運用の効率的な一元化

社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
URL: (リンク »)

<製品に関するお問合せ先>
日本ネクサウェブ株式会社
〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティーA棟28階 
TEL:03-6717-2816  FAX:03-6717-4545  
E-mail:sales@nexaweb.co.jp
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
〒108-0075 東京都港区港南1-8-15 Wビル14F
TEL:03-6710-1700  FAX:03-6710-1701  
E-mail:tsales@wingarc.co.jp

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ウイングアーク1st株式会社の関連情報

ウイングアーク1st株式会社

ウイングアーク1st株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR