月間350万人が利用するグルメのクチコミサイト『食べログ.com』 夏季限定レストラン「Cu-Cal(クーカル)」で ユーザー限定メニューを提供

株式会社カカクコム 2007年07月12日

株式会社カカクコム(東京都文京区 代表取締役社長 田中実、東証コード:2371、以下 カカクコム)が運営するレストランのクチコミサイト 『食べログ.com( (リンク ») )』は、2007年7月15日(日)より軽井沢で開催される日本各地の有名レストラン、有名シェフのオリジナルメニューが集結する新しいスタイルの夏季限定レストラン「Cu-Cal(クーカル)」に、『食べログ.com』ユーザー限定の特別メニューを提供します。
限定メニューは、有名シェフが月替わりで提供するもので、希望者は『食べログ.com』サイト上にある
クーポンを印刷し、「Cu-Cal」会場で呈示することで味わうことができます。
<限定メニュー内容 / 提供レストラン>
7月 パルマ産プロシュートと高原レタスのバベッティーネ/イル・ギオットーネ(イタリア料理 /京都・東京)
8月 地鶏(益子地鶏とその卵)の親子リガトーニ /パッソ・ア・パッソ(イタリア料理 / 東京)
9月 未定(確定次第、食べログ.com上に掲載されます)
クーポン印刷ページ: (リンク »)
「Cu-Cal(クーカル)」について: (リンク »)
期間 : 2007年7月15日(日)~2007年9月24日(月)
場所 : 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢601-1 チャーチストリート軽井沢2F 特設会場

Cu-Cal(クーカル)について
Cu-Calは“食 / 料理”を表すフランス語の“Cuisine”からとった≪Cu≫、開催地・軽井沢の≪Cal≫を組み合わせ『楽しい食』をイメージした造語。
15,000人以上が訪れた2006年夏季に続き、好評第2弾の開催です。2007年夏季限定、リゾート地・軽井沢だけで楽しめる今までにない新しいスタイルのフェスティバル感覚のレストランで、日本各地の有名レストラン、有名シェフのオリジナルメニューが、軽井沢に集結します。
フレンチ、イタリアン、ラーメン、焼鳥など、ジャンル多彩なオリジナルメニューが提供され、友人や家族との気軽な食事、またデートや記念日のパーティなど、様々な目的での利用が可能です。オープンエアのテラス席では、ペットと一緒の食事も楽しめます。
また今年新たに設けられる「シェフズテーブル」では、オープンキッチンにて有名シェフが目の前で腕をふるい、対面カウンター席でスペシャルメニューを堪能できます。シェフは曜日代わりで交替し、完全予約制となっております。
『食べログ.com』とは
“信頼のできるレストラン選び”をコンセプトに、2005年3月よりサービスを開始。
実際にレストランを利用したユーザーから寄せられた約23万件のレビュー(評価・クチコミ)をもとに、各レストランを5点満点でレーティングすることで、本当に満足のできるお店、失敗しないお店を浮き彫りにし、信頼性の高いレストランランキングを皆様に提供しています。
レビューだけでなく、食べた料理やお店の雰囲気など写真等も複数投稿できる仕組みにより、現在約18万枚のグルメ写真を参考にすることができ、視覚的にも楽しく参考にできるサイトとして、2007年6月末現在、月間約350万人(1年前の約4倍)に利用いただいています。

【画面イメージ】

【株式会社カカクコム 会社概要】
所在地: 東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル13F
代表取締役:田中 実
事業内容:
価格比較サイト『価格com( (リンク ») )』の企画・運営
高級ホテル・旅館の直前予約サイト『yoyaQ.com( (リンク ») )』の企画・運営
レストランのクチコミサイト『食べログ.com( (リンク ») )』の企画・運営
新築マンションの情報検索サイト『マンションDB( (リンク ») )』の企画・運営

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社カカクコム 広報担当 甲斐 / 内山
Tel:03-5805-7511 e-mail: pr@kakaku.com 

このプレスリリースの付帯情報

画面イメージ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!