ユーザー参加型の2択アンケートサービス「Which?」をオープン

Googleマップ上で思考や文化の地域性を可視化できる

株式会社ゴーガ 2007年07月26日

 株式会社ゴーガ(本社:東京都港区、代表:小山文彦)は7月26日、ユーザー参加型の2択アンケートサービス「Which?」をオープンしました。回答結果はGoogleマップ上に表示され、思考や文化の地域性を可視化できるのが特長です。

 「Which?」では、ユーザーが自由に作成する2択アンケートを、携帯電話やPCから回答します。GPSやPlaceEngine、doodle経由で習得した位置情報があれば位置情報付きで回答でき、Googleマップ上に回答結果の分布が赤と青の2色で表示されます。回答後にコメントを付けられ、回答地域ごとの思考や文化の特徴を抽出することが可能となります。

 オープン時の利用可能地域は日本国内のみ。Nintendo WiiやNintendo DS向けのユーザーインターフェイスも近日中にオープンする予定。すべての2択アンケートは固定リンクになっており、ブログなどからのリンクが容易に行えます。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ゴーガの関連情報

株式会社ゴーガ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!