企業内におけるシステムID 統合管理を支援する DataSpider Servista「Active Directory アダプタ」の発表

株式会社アプレッソ 2007年08月21日

株式会社アプレッソ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:長谷川 礼司、以下アプレッソ)は、自社が開発するデータ連携ミドルウェア「DataSpider Servista(データスパイダー サービスタ、以下DataSpider)」に搭載する新アダプタ「Active Directory アダプタ」を開発し、2007年8月15日より出荷を開始したことをお知らせいたします。

■Active Directory アダプタについて
  
このほど発表した「Active Directory アダプタ」は、マイクロソフト社のWindows 2000 ServerおよびWindows Server 2003 ファミリのWindows OS で提供されるディレクトリ・サービス「Active Directory」機能を、DataSpider側から操作を可能にするLDAP(Lightweight Directory Access Protocol)認証方式に対応した接続アダプタです。
  
この新しいアダプタを使用することで、Active Directory 上で管理されているユーザ、グループ、組織(OU)情報に対して、新規登録、削除、条件によるユーザ検索、といった操作をDataSpiderから直接操作できるようになります。
  
「DataSpider」は、企業内に蓄積されているデータをノンプログラミングで自由自在にデータ連携できることを開発コンセプトに、これまでに多くのオープンシステム系ソフトウェアとの接続を実現するアダプタを開発してまいりました。DataSpider が提供する既存のアダプタと組み合わせて利用することで、Active Directory と業務上必要な個々のアプリケーションと簡単につなぐ環境を構築でき、アカウント情報の同期をシームレスに行い、企業内におけるシステムID 統合管理を支援します。
  
■Active Directory アダプタ適用例
  
次のような、場面で活用することができます。
  
 ①業務用に提供されている複数のアプリケーションに個別登録していたID
  (属性・アクセス権限などの情報を含む)をActive Directory に統合し、
  一元管理したい。(図参照)
  
 ②新しいアプリケーションを導入したが、ユーザ一人毎にID を作成し属性
  情報を定義しなければならない、この登録作業を軽減したい
  
■動作条件
  
Active Directory アダプタは、以下に記すDataSpider 本体のバージョンの下で稼動します。旧バージョンをお使いのユーザ様は、動作条件を満たすバージョンへバージョンアップが必要です。バージョンアップを希望されるユーザ様は、弊社までお問合せください。
   
【対応している DataSpider 本体バージョン】
 ・DataSpider Servista 2.2.1.1
  - Advanced Server Packages
  - Basic Server Packages
  - Standalone
    
【対応している ActiveDirectory バージョン】
 ・Windows 2000 SP4 以上
  - Server を含む
  - Advanced Server を含む
 ・Windows Server 2003 SP1 以上
  - Standard Edition を含む
  - Enterprise Edition を含む
  - R2 Standard Edition を含む
  - R2 Enterprise Edition を含む
  - Standard x64 Edition を含む
  - Enterprise Edition for Itanium-based Systems を含む
  - Enterprise x64 Edition を含む
  
■ アダプタ提供価格: 80 万円 (税抜)
   
■ 出荷開始:2007 年8 月15 日
  
■ 「DataSpider Servista」について
「DataSpider」は、システムの接続方法やフォーマットの違いを意識することなく、素早く簡単に参照できる仕組みを持つデータ連携ソフトウェアです。プログラミングの高い知識を必要としないGUI 開発環境を提供し、SAP やLotus Notes、データベースといったさまざまなデータソースを手軽に接続できるアダプタ機能を介してデータ連携の自動化と業務の効率化を支援します。
 
URL:  (リンク »)
 
■ 株式会社アプレッソについて
社名:株式会社アプレッソ( (リンク ») )
所在地:東京都文京区関口1-20-10 住友不動産江戸川橋駅前ビル2F
代表取締役社長:長谷川 礼司
設立:2003年12月
資本金:2億67百万円
事業内容:「DataSpider シリーズ」の開発、販売、サポート(ソフトウェアパッケージ事業)
DataSpider 導入実績: 累積605社 (2007年6月末現在)
 
<お問合せ先>
■ 製品に関するお問い合わせ
株式会社アプレッソ  営業本部
TEL:03-4321-1111  FAX:03-4321-1112  E-mail:info@appresso.com
 
■ プレスリリースに関するお問い合わせ
株式会社アプレッソ  営業本部 企画部 桑田
TEL:03-4321-1111  FAX:03-4321-1112  E-mail:mktg@appresso.com
 
※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

Active Directory アダプタ適用例

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?