ディップ、人材派遣の求人情報サイト「はたらこねっと」をリニューアル! ~ユーザーニーズとクライアントニーズのベストマッチング~

ディップ株式会社 2007年08月27日

 総合求人情報サイトを運営するディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 最高経営責任者(CEO): 冨田英揮、以下ディップ)は、このたび、ユーザー満足度のより高いサイトを実現するために、8月27日に、人材派遣の求人情報サイト「はたらこねっと」を大幅にリニューアルいたします。

【背景】
 今回のリニューアルでは、『ユーザー満足度No. 1サイト』を実現すべく、事前に派遣求職者を対象としたネット調査、はたらこねっとユーザーのインタビューを徹底的に実施いたしました。その結果から、仕事検索の操作性、検索結果に対するわかりやすさへのニーズが高い事がわかりました。ユーザーの希望条件にあった仕事がスムーズに見つけられるサイトを実現し、ユーザーのサイトに対する満足度を向上させることを目的とし、リニューアルいたしました。

【概要】
<1>複数の希望条件を一括検索できる『こだわり検索』
①派遣での仕事経験もあり、職種・時給・勤務地などのさまざまな希望条件が明確なユーザー向けに、希望条件を一括で設定し検索することが出来ます。これにより、ピンポイントで仕事情報へ誘導することが可能になりました。
・ユーザーが希望職種を直ぐ選択できるように、求人・求職者のニーズが高まっている「医療・介護・教育系」「製造・物流・軽作業系」をあたらたに大カテゴリー職種として追加し、さらに、小カテゴリー職種を大幅に変更しました。
・給与条件選択時のユーザーニーズに細かく対応できるよう、1200円~1800円の時給幅を50円単位に区切りました。
・検索条件に業界軸を新設し、職種と組み合わせて検索することで、業界経験者の誘導がスムーズに行えます。
・特徴の種類を今までの28個から57個に大幅に増加しました。「電話応対なし」や「派遣スタッフ活躍中」など、派遣求職者が求める働き方で検索できるように、はたらこねっとオリジナルの特徴を多数用意しました。

<2>感覚的に希望条件を選びながら使える『こだわり検索ナビ』
 職種・時給・勤務地などの希望条件が曖昧な場合でも、希望条件や働き方を選択式で提示することで、気軽に、スピーディーに条件設定ができます。また、Flashを使用することで、検索に不慣れなユーザーでも簡単に利用できます。

<3>自分にピッタリな仕事から探せる『マッチ度順位表示』
 検索結果に表示されるたくさんの仕事情報の中から、条件との合致状況が「マッチ度」で表示され、マッチ度が高い仕事の順番に「お仕事一覧ページ」に表示されます。また、より仕事情報が見やすく魅力が伝わりやすいように「お仕事一覧ページ」、「お仕事詳細ページ」のデザインリニューアルを実施しました。

<4>トップページのデザインリニューアル
 今回あらたに追加しました『こだわり検索』を最上位に表示し、ユーザーが検索しやすいよう検索軸をページ上部へ表示いたしました。また、フリーワードで検索する際のヒントになるよう、フリーワードランキングを設置しました。


<5>会員機能の強化
 MYサーチ検索やプロフィール設定など会員限定機能をページ上部に整理して見せることで操作性が高まり、会員の利便性向上を実現いたします。また、全てのページから会員登録へ遷移できるようになり、会員登録者数のアップを目指します。


 ディップでは、今後も引き続き、運営サイトの情報の充実、利便性のアップ、ユーザーへのきめ細かいサービスに注力し、ひとりでも多くのユーザーに夢をかなえる仕事に出会う機会を提供できるよう、努力して参ります。

【はたらこねっと】  (リンク »)


<この報道資料のお問い合わせ先>
ディップ株式会社 広報担当 : 高橋、村澤
TEL 03-5114-1177/e-mail : info@dip-net.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ディップ株式会社の関連情報

ディップ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから