日本初!JVR ベンチャー企業 資本政策データベース サービス提供開始

特定非営利活動法人Japan Venture Research 2007年08月30日

特定非営利活動法人Japan Venture Research(以下、NPO法人 JVRという。所在地:東京都渋谷区、代表理事:北村 彰)は、このたび日本で初めて、ベンチャー企業の資本政策情報のデータベース化を行い、大学、研究所、シンクタンク、そしてベンチャーキャピタル業界、ベンチャー起業家への情報サービスを開始いたしました。


このデータベース化により、ベンチャー企業が成長、発展をする過程で第三者割当増資などの資金調達を行うにあたり、これまで不透明であった企業価値評価や資本政策の実態が明らかになります。また、業種やビジネスモデル、事業成長の度合いなどにより、ベンチャー企業それぞれの資本政策の傾向と対策を分析することができます。さらに、ベンチャー企業に資本投資を行っているベンチャーキャピタル(以下、VCという。)の実態や、VCとそのファンドがどのような分野に投資しているのか、どの成長フェーズに投資しているのかも把握することができます。

現在、2000年から2007年までに新興市場に上場したベンチャー企業のうち、VCが出資を行ったベンチャー企業の約450社を対象に会社設立から上場までの調査・分析が進み、データベース化されています。そして同時に、内外のVC 約150社、およびそのファンド440の投資内容も検索可能になっています。


今後は、データベース化の対象を未公開企業にまで広げ、訪問調査を行うことで資本政策情報を収集し、データベースのさらなる拡充を図っていく予定です。

今回は、JVRデータベースの利用研究の第一弾として、株式会社富士通総研との共同研究である「Web2.0 ベンチャー企業の調査」を発表いたします。

■背景

ベンチャー企業にとって、第三者割当増資などにより事業を成長させるための資金を得ることは、きわめて重要な経営課題です。また、株価、株数、出資金額を決定する企業価値評価は、非常に重要です。しかしながら、その算定は大変困難なものです。

米国のVC投資においては、投資先ベンチャー企業のファイナンス・データの調査・収集が普及、一般化されており、「Venture One」「Venture Xpert」「Venture Source News」などのデータベースやニュースなどのサービスから、多くの情報を得ることができます。

一方日本では、年間2,000社以上のベンチャー企業に対して、約2,000億円の投資がVCにより行われているにもかかわらず、その投資実態は明らかではありません。

このような背景から、JVRは日本初のチャレンジとして未公開企業の資本政策情報をデータベース化することで、起業家、ベンチャー育成支援者、VCなどに情報サービスを行い、日本のベンチャービジネスの発展に寄与することを目的として設立されました。


■データベースの内容

会社設立から上場までの資本政策情報、主に第三者割当増資などによって資金を増加させて行く過程時のVC名やファンド名、株価、増株数、調達金額等をデータベース化しています。また、上場までの会社業績、売上高、利益、社員数も各期ごとに調査しています。これらの情報は一般に公開されていないことから、1社ごとの調査が必要であるため、データの蓄積には多大な時間と労力を必要としました。


■JVRの活動内容

1. ベンチャー企業への資本政策支援

ビジネスの起業または成長・拡大を図る起業家に対し、最適な資本政策をアドバイスします。また、JVRのベンチャーデータベースを利用し、より現実的な企業価値評価を算定します。さらに、そのベンチャー企業に最も適したVCの紹介、マッチングをサポートします。

2. ベンチャー企業の資本政策データの収集

ベンチャー企業の第三者割当増資による資金調達の情報や、その時点でのビジネス状況などの情報を収集し、データベースに蓄積します。ベンチャー企業とVCとをつなぐ接点のデータを集めることで、それぞれの実態を調査、分析できることを目標としています。

3. ベンチャー企業の資本政策データの情報サービス

収集した情報をデータベース化し、起業家、投資家、研究者の方々に情報サービスを提供します。
ベンチャー企業の業種、ビジネスモデル、事業計画などから企業価値評価(バリュエーション)を導きだし、ベンチャー企業のポートフォリオ傾向を多角度に、また、企業の成長を業種別や年度別などに分析できるようにし、さらにはVCの投資動向を業種別、ビジネスモデル別に分析・評価できることを目指します。

4. 投資家へのセミナー

VCおよびエンジェル等の投資家に対して、ベンチャー企業の資本政策の状況、およびVC等の活動状況を紹介するセミナーを開催します。投資家に対して活動の傾向と対策についてガイドすることを目的としています。


■役員構成

代表理事 :北村彰      
理事    :アレン・マイナー  日本ベンチャーキャピタル協会 理事
理事    :秦 信行     國學院大學経済学部 教授 学部長
監事    :山村 聡之輔  日本エンジェルズ・フォーラム


■代表理事

北村彰 (きたむら あきら)
日立、日本IBMを経て、日本オラクル、イーシステムおよびセールスフォースドットコムなど多数のベンチャー企業の立上げに携わる。
その経験を生かし、現在サンブリッジのベンチャーインキュベーションパートナーおよび、数社の役員を務める傍ら、JVRの代表理事を兼任する。


■設立年月日

2006年8月1日


■所在地

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-21-15 コンフォリア代官山 902
株式会社クローバーハウス内


■エンドースメント

「JVRのデータベースサービスが、ベンチャービジネスを研究している各学会関係者にとって、
多大なサポートとなることを期待しています。
研究者はもとより、機関投資家を含むファンド出資者の投資判断、
ファンド活用するベンチャー企業にとっても、有用な情報が入手でき、
日本における健全かつ活力あるベンチャーキャピタルが育成されることが期待されます。」

日本ベンチャー学会 会長
早稲田大学大学院 教授
松田修一氏


「JVRの活動により、ベンチャー企業の誕生から成長の過程がデータベース化され、公開されます。
これは日本の起業家、ベンチャー企業そしてベンチャー支援の団体・企業にとっては朗報です。
JVRの活動が日本のベンチャービジネスへ多大な貢献をするものとして期待をしています。」

有限責任中間法人日本ベンチャーキャピタル協会 理事 
アレン・マイナー氏



■本件に関するお問い合わせ
特定非営利活動法人Japan Venture Research
担当:一ノ瀬 由美
TEL:03-3780-1455
(リンク »)
info@jvr.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

特定非営利活動法人Japan Venture Researchの関連情報

特定非営利活動法人Japan Venture Research

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR