『あれから5年。情報教育は子供たちの役に立っているか?                ~諸外国における情報教育との比較~

第6回 IT Education Initiativeフォーラム 参加申込みを開始

株式会社オデッセイ コミュニケーションズ 2007年10月25日

株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:出張勝也)は、IT教育に関する情報・意見交換の場を提供する「IT Education Initiative (IT-EI)」活動の一貫として、『IT Education Initiativeフォーラム』を毎年開催しております。 第6回目となる本年は、『あれから5年。情報教育は子供たちの役に立っているか?~諸外国における情報教育との比較~』をテーマに、教育現場の現状や生徒の変化や情報教育の今後の展望について、様々な立場の方からお話をいただきます。また、あわせて、韓国やアメリカをはじめとした他国の情報教育の現状を探っていきます。 現在、本フォーラムの参加申込み受付中です。IT教育に関心をお持ちの方々であれば、教育機関の先生方、教科書会社、パソコンスクールの方々、一般企業の方々などどなたでもご参加が可能です。

■第6回 IT Education Initiative 開催概要
日時: 2007年11月18日(日) 13:30~17:00 ◆受付13:00~  ◆懇親会 17:00~
開催場所: 丸の内ビルディング コンファレンススクエア
参加予定数:    100名 ※申込み多数の場合は抽選
参加費: 無料
主催: 株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ

■講演者/講演テーマ
◇国立教育政策研究所教育課程研究センター 研究開発部 教育課程調査官   永井克昇 氏
       『情報教育の課題と今後の展望』
◇千葉県立船橋豊富高校  谷川佳隆 先生
       『日本の高等学校における教科「情報」について』
◇前東京都多摩市立多摩中学校 副校長 川島清美 氏
       『中学校における情報教育の現状』
◇イーコーポレーションドットジェーピー株式会社 CEO 廉宗淳 氏
『韓国と日本の情報教育の比較』
◇麻布中学校  小川裕暉 君 ・ 小川政信 さん
       『私がアメリカの小学校で受けたプレゼンテーション技術と情報収集・分析についての基礎教育(仮

用語解説

■ 株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ
1996年設立。「すべての人に、ITを!」をテーマに、PCエンドユーザー向けの国際資格として人気の高い「Microsoft Office Specialist」をはじめとして、「IC3」、「VBAエキスパート」などコンピュータを使った資格試験の実施・運営ほか、起業家育成のための活動「丸の内起業塾」なども運営。また、社会貢献活動の一環として、「IT Education Initiative (IT-EI)」活動を展開し、IT教育の普及や浸透を目指す。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社オデッセイ コミュニケーションズの関連情報

株式会社オデッセイ コミュニケーションズ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!