インフォテック PDF文書検索抽出ソフトの販売開始

インフォテック、PDF文書の文書情報を検索し、抽出するライブラリーソフトウェア PDFlib pCOS 2.0の販売を開始

インフォテック株式会社 2007年10月30日

インフォテック株式会社(東京都府中市)は、PDF文書の文書情報を検索し、抽出するライブラリーソフトウェア PDFlib pCOS 2.0の販売を開始しました。

PDF文書情報抽出ツール、PDFlib pCOS(PDFlib Comprehensive Object Syntax:以下pCOSと呼ぶ)はPDF文書のメタデータ、ハイパーテキストなどの文書情報を検索、取得するためのソフトウェアツールです。pCOSはページコンテンツ以外の全てのオブジェクト情報を統一された記述方法で容易に検索できます。ライブラリーとしてアプリケーションに組み込めるのはもちろん、標準提供のコマンドツールによりプログラムレスのバッチ処理が可能です。

pCOSでは下記のようなさまざまなPDF文書の要素について検索・抽出することができます。

・info情報及びXMPメタデータ
・リニアライズドPDF、タグPDF、暗号の詳細やパミッション設定、ページ数、フ ォント数などの一般的な情報
・フォントの名称、埋込みステータスなどのフォント情報
・サイズ、ビット深度、カラースペース、圧縮などの画像情報
・PDFの全カラーに対応するカラースペースの詳細情報
・ウェブリンクのURL、座標
・ブックマークと対応するページで構成する表の作成
・フィールド名、値、位置などのフォームフィールド情報
・ページサイズ、クロップボックス、ページの回転
・PDF/X互換ファイルのステータス
・添付ファイルのリスト及び抽出
・レイヤー名称、ページラベル、アーティクルスレッド
・注記の詳細
・レビューア名及びコメントのリスト
・署名フィールド名、署名者名、署名日付、署名理由などデジタル署名の詳細
・PDF/XまたはPDF/AファイルからのICC出力プロファイルの抽出
・PDFlibブロック属性リスト
・文書、ページ、注記、フィールド上のJavaScript

PDFlib pCOSの価格は、プラットフォーム種別により設定されています。ライセンスはシステム毎に下記の費用が必要となります。CPU数、ユーザ数による課金はありません。

PDFlib pCOS 2.0 14,000円 ~ 70,000円 (税別)

PDFlib pCOSは、世界60ヶ国で10,000ライセンス以上が使用されているPDFlibのファミリー製品です。インフォテックでは、PDFlibファミリー製品を同社ウェブサイトでのオンライン販売で提供しています。購入前に製品パッケージを同サイトよりダウンロードして全ての機能を無償で評価することができます。

( (リンク ») )

【本件に関するお問合わせ先】
会社名:インフォテック株式会社 担当:小林
電話:042-358-5777 FAX:042-358-5801
住所:183-0055 東京都府中市府中町2-1-7
e-Mail:info@infotek.co.jp
製品情報ホームページ: (リンク »)
インフォテックホームページ: (リンク »)

以上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

インフォテック株式会社の関連情報

インフォテック株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!