ENDLESS-JAPAN、「無料SEOカウンセリング専用フォーム」を開設

ENDLESS-JAPAN 2007年11月12日

検索エンジン対策・SEOマーケティングのENDLESS-JAPAN、ホームページの集客に関するコンサルティングを行なうための「無料SEOカウンセリング専用フォーム」を開設。

報道機関各位

2007年11月12日
ENDLESS-JAPAN

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 検索エンジン対策・SEOマーケティングのENDLESS-JAPAN、
「無料SEOカウンセリング専用フォーム」の開設を発表。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

国内トップクラスの検索エンジン対策を提供するENDLESS-JAPANは
2007年11月12日、「無料SEOカウンセリング専用フォーム」を開設。
(リンク »)


[詳細]

▼「無料SEOカウンセリング専用フォーム」とは・・・

国内トップクラスの検索エンジン対策会社ENDLESS-JAPANによる、
サイトの集客に関するコンサルを行なうためのSEO相談フォーム。

突然”SEO対策”といっても、高額なサービスで導入するのが不安、
SEO以外の手法が有効な場合もあったり、とサイトにより様々です。

そこで、まずは各サイト運営者様ご自身の悩み・希望・意見・要望などを
フォームで全てお聞かせいただき、サイト運営者様のご希望に沿った形で
検索エンジン上位表示に関するご提案をさせていただく、ご相談フォーム。

※詳細 >> (リンク »)


----------------------------------------------------------------

▼以下をご記入いただくだけで、最適な集客対策をご提案いたします。

1.現在のサイト状況・ご相談の内容
 入力項目)ご相談種別、事業区分

2.お客様情報
 入力項目)お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス

3.サイト情報
 入力項目)サイトURL、Yahoo!ディレクトリ登録

----------------------------------------------------------------


[関連リンク]

◇最適な集客対策のための「無料SEOカウンセリング専用フォーム」
  (リンク »)

◇検索エンジン対策・SEOマーケティングのENDLESS-JAPAN
  (リンク »)

◇検索エンジン上位表示・SEO実績一覧(Google・Yahoo!・MSN)
  (リンク »)


[会社情報]

▼ENDLESS-JAPANとは・・・

2006年9月に創業。現在、スタッフ数 6名(※外注スタッフ含む)

SEOを中心とした、国内トップクラスの検索エンジン対策・ウェブ制作、
ブログ集客、SNS構築代行、ネットショップ開業代行など、多岐に渡る
各種インターネットサービスを提供。


ENDLESS-JAPAN(所在地:大阪市西区江戸堀2-1-18)
(リンク »)



================================================
【本件の連絡先】ENDLESS-JAPAN

[ 広報担当 ]池谷 伸太郎
[ 所在地 ] 〒550-0002 大阪市西区江戸堀2-1-18
[ E-MAIL ] web@endless-japan.net
[ 公式URL ] (リンク »)
================================================

このプレスリリースの付帯情報

SEOカウンセリング専用フォーム

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ENDLESS-JAPANの関連情報

ENDLESS-JAPAN

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?