スマートフォン市場の今後5年間の成長率がラップトップPC市場を上回る

株式会社グローバル インフォメーション 2007年11月22日

From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、米国調査会社In-Stat社の「Smartphones 2007: The ARPU Generation Machine」の発売を開始しました。

In-Stat社によると、世界におけるスマートフォンOSベース携帯電話の今後5年間の年複利成長率は、30%以上で、一桁成長にとどまるその他の携帯電話市場を上回ります。また、世界におけるスマートフォンの売上げは、ラップトップPCのそれを上回ります。

スマートフォン利用者は、その端末に大いなる価値があると感じている、とIn-Stat社は述べています。ワイヤレスキャリアのARPUから見ると、結果として、スマートフォン利用者はより多くのアプリケーションをダウンロードし、利用頻度も高くなります。「利用者がその価値を見出すにつれ、企業は徐々にスマートフォンとデータアプリケーションをビジネス目的に利用しはじめている。複雑化した払戻し制度よりも、スマートフォンの利用料金を経費として扱う方が目的に適い、経済的だと気づきつつある企業が増えている」とIn-Stat社アナリストのBill Hughes氏は述べています。

In-Statの最近の調査では、以下の内容が明らかになっています。
・今後5年間、全てのスマートフォンOS(Palm OS以外)は、二桁成長を記録する
・出張が多いスマートフォン利用者のARPUは、一般的な携帯電話の利用者の2倍
・スマートフォンの多くは、ラップトップPCの代替として利用されており、これは、製造業者がスマートフォンを開発する際の手助けとなる


In-Stat社が発行した最新の調査報告書「Smartphones 2007: The ARPU Generation Machine」では、スマートフォンの世界市場について調査を行っており、2011年までのタイプ別の売上予測を提供しています。また、スマートフォンのOS、製造業者およびそのエコシステムについても分析を加えています。世界市場の分析については、市場発展因子および発展阻害因子を含んでいます。また、米国のスマートフォン利用者の特性や性質ついても分析を行っています。


本調査は、携帯電話の世界市場に関する包括的な分析を提供するIn-Stat社の年間情報サービス、「Worldwide Mobile Devices」の一部です。現在および過去における世界の携帯端末売上を報告することに加え、主な業界動向、予測動向および売上規模を明らかにします。これらの調査結果は、コンポーネントの動向、主要な電話分類、機器に影響を及ぼすインフラの発展、および広範囲にわたるエンドユーザープライマリーリサーチを分析することによって得られます。

【 英文市場調査報告書 】

Smartphones 2007: The ARPU Generation Machine

スマートフォンの世界市場:2007年

(リンク »)


出版社 : In-Stat
出版日 : 2007/11



■ 本件に関するお問合せ先

株式会社グローバル インフォメーション
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3
アーシスビル 7階
担当: 営業1課  
E-mail: sl1@gii.co.jp
電話: 044-952-0102
FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから