「IrSimple」によるユビキタス情報受信アプリをNECと共同開発

~ iEXPO 2007&TRON SHOW 2008にて公開 ~

株式会社jig.jp 2007年12月04日

携帯電話初のPCサイトが閲覧できるJavaフルブラウザ「jigブラウザ」の企画・開発・販売を行う株式会社jig.jp(東京都新宿区、代表取締役社長:福野 泰介、以下jig.jp)は、日本電気株式会社(東京都港区、代表取締役 執行役員社長:矢野 薫、以下NEC)と共同で、高速赤外線通信「IrSimple」を利用したユビキタス情報受信アプリを開発し、そのデモンストレーションバージョンをiEXPO 2007および TRON SHOW 2008にて公開いたします。

この度jig.jpがNECと共同開発したのは、赤外線発信機に携帯電話をかざすことによってそのモノや場所に関連付けられているucodeを取得できる、ユビキタス情報受信アプリのデモンストレーションバージョンです。高速赤外線通信「IrSimple」を利用することで高速で大容量のデータ受信が可能となり、簡単、瞬時にucodeだけでなく、画像や動画など、その対象に関する詳しい情報を得ることができます。
ucodeを取得するツールとしてユビキタス・コミュニケータが知られていますが、今回の開発では、多くの人々が所有している携帯電話という身近なツールを利用してのucode取得の可能性を示しています。

このアプリを、ユビキタス環境の実現をテーマとした二つの展示会、12月5日(水)~7日(金)開催のiEXPO 2007と12月12日(水)~14日(金)開催のTRON SHOW 2008にて展示いたします。実際に街中をイメージした空間の中で携帯電話を使ってデモンストレーションすることで、いつでもどこでもあらゆるものや場所の情報を得ることができる、ユビキタスコンピューティングの世界を体感していただけます。

今後もjig.jpはいつでもどこでも利用者がほしい情報が得られるアプリの企画開発を進めていきます。

このプレスリリースの付帯情報

用語解説

◆ucodeとは
ユビキタスコンピューティングにおいて個々のモノや位置などを識別するために使用するコードのことで、同じコードは二つとなく、流通するモノや場所にすべて異なるコードが割り振られています。ユビキタスIDセンターによって管理されています。

◆「IrSimple」とは 
赤外線を用いた通信方式で、従来の赤外線通信と比較して非常に速いデータ送受信が行なえることが特徴です。赤外線通信の業界標準化団体IrDA(Infrared Data Association、赤外線データ通信協会)において国際標準規格とされています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社jig.jpの関連情報

株式会社jig.jp

株式会社jig.jpの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR