クリーデンス、営業・顧客サポート体制を強化

クリーデンス・システムズ株式会社代表取締役社長に山之内壽彦が就任

Credence Systems Corporation 2007年12月06日

クリーデンス システムズコーポレーション(以下:「クリーデンス」)は、本日、半導体業界で25年の経験を有する山之内壽彦(やまのうち としひこ)が、クリーデンス・システムズ株式会社代表取締役社長に就任したと発表。クリーデンス・システムズ株式会社は、山之内のリーダーシップのもと、営業・顧客サポート体制を強化し、日本のコンシューマエレクトロニクス市場における事業拡大を目指す。

山之内壽彦略歴:
東京理科大学電気工学科卒業後、ヒューレット・パッカード入社。17年以上在籍し、さまざまな管理職を経験。その後アジレント・テクノロジーにて5年以上にわたり各種上級管理職を歴任。直近では、計測システム統括部長として計測システム部隊を統括。

クリーデンス フィールドマーケティング&オペレーション担当上席副社長 Amir Aghdaei談:「日本はコンシューマエレクトロニクス革新の最前線にあり、非常に重要な市場です。山之内の半導体業界における豊富な知識と経験、そして過去20年間にわたり築かれてきたお客様との関係は、当社にとって貴重な財産であり、今後のパートナーシップの構築に大いに役立つことでしょう。今回の人事により、お客様が高品質・革新的な製品の開発サイクルを短縮して製品の迅速な市場投入を実現できるよう、当社のサポート体制が強化できたと思います。」

山之内壽彦談:「我々のビジネス環境は競争が激化しています。品質上の問題で市場への製品投入が数ヶ月遅れるだけで、デバイスメーカーは数億円もの損失をこうむる場合があります。またコンシューマエレクトロニクス分野の製品ライフサイクルが短くなっているので、市場投入の遅れが競争力の低下を招くことにもなりかねないのです。私の第一の目標は、当社の最新かつ最も費用対効果の高いテストソリューションやテスト戦略を、お客様にいち早くご利用いただけるようにすることです。」
###

お問い合わせ
クリーデンス 広報担当 清水
Tel: 03-5269-1038
E-mail: shimizu@jspin.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

Toshi Yamanouchi

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

Credence Systems Corporationの関連情報

Credence Systems Corporation

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR