Conezira.net 、「ジョン・レノンメモリアル」コンテンツをオープン

クジラ株式会社 2007年12月07日

クジラ株式会社(本社:東京都文京区 代表:川辺匡 以下、Cuzira)は、12月8日のジョンレノンメモリアルデーを記念してConezira(以下、コネジラ)で「ジョン・レノンメモリアル」コンテンツ(http://JohnLennon.conezira.com)をオープンしました。

1980年12月8日ニューヨーク市の自宅ダコタ・ハウスの前でファンの凶弾に倒れてから27年。現在でもこの日は世界各地で追悼するイベントやコンサートが数多く開催されています。この時期になると必ず聞こえて来る「ハッピークリスマス」はジョンの名曲中の名曲と言えるでしょう。コネジラではジョン・レノンを偲んで「ジョンの声をもう一度アナログで」をテーマに「ジョン・レノンメモリアル」コンテンツをオープンしました。

レコードで曲を聞くと、CDでは味わえない生の臨場感があるとよく言われています。今回の特集コンテンツはコネジラの数多いオーディオプレヤーの中からお薦めのアナログプレーヤーを選びご紹介します。価格帯は下は1万円以下から上は200万円を超える高級なものまで幅広い商品を各メーカー別にご紹介しています。アナログの時代に作られたジョンレノンやビートルズの曲を昔懐かしいアナログサウンドで堪能してみてはいかがですか。

コネジラの特集コンテンツ (リンク ») は、記念日やイベントとコラボレーションし独自に企画を考えご提供しています。ジャンルにこだわらず様々な角度から商品情報をお届けする事で、お客様に少しでも商品の情報収集を楽しんで頂ける事を第一の目的と考えご提供して参ります。


□ お問合せ先
メディア事業部 鶴巻 
TEL 03-5577-4415 FAX 03-5577-4416

□ クジラ株式会社 URL: (リンク »)
会社概要
より快適にインターネットを楽しめるをテーマに新しいサービスの開発・提供をすすめています。2007年11月現在、コネジラを含め 3つのサービスを運営しており、今後もファッション情報の Ziraなどの新しいサービスをリリース予定しています。
設立: 2007年1月5日
住所: 東京都文京区関口1-13-12 武田ビル6階
代表: 川辺 匡
従業員: 4名(2007年11月現在)
資本金: 3,100万円
事業内容: 商品情報の Conezira(コネジラ)、地図情報の Mappa(マッパ)、ブログ検索の Linkster(リンクスター)の運営

□ コネジラのご紹介
コネジラは「今までにない新しい情報サービス」の提供を目指し2007年10月5日にスタートしました。現在提供中のサービスは次の通りです。
コネジラ PC版: (リンク »)
コネジラ imode版: (リンク »)
コネジラ iPod touch版: (リンク »)
コネジラデスクトップパソコン情報: (リンク »)
コネジラ テレビ情報: (リンク »)
コネジラ デジカメ情報: (リンク »)
コネジラ カーナビ情報: (リンク »)
コネジラ iPod情報: (リンク »)
コネジラ iPodアクセサリ: (リンク »)
コネジラ ノートパソコン情報: (リンク »)
コネジラ デジタルカメラ情報: (リンク »)
コネジラ AV機器情報: (リンク »)  
コネジラ 生活家電: (リンク »)
コネジラ コンタクトレンズ: (リンク »)
コネジラ 特集コンテンツ: (リンク »)
コネジラ の商品情報は株式会社ベンチャーリパブリックが運営する価格比較サイトconeco.net(コネコネット)のAPIサービスを利用しております。
coneco.net: (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

サイトイメージ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

クジラ株式会社の関連情報

クジラ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?