株式会社ティーケーピーが大阪に120名定員の大規模貸会議室をオープン!

地下鉄御堂筋線・四つ橋線 本町駅徒歩4分に、新たな拠点誕生

株式会社ティーケーピー 2007年12月10日

企業向けポータルサイト「貸会議室ネット(http://www.kashikaigishitsu.net/)」や「研修ネット(http://www.tkpkenshu.net/ )」を運営する株式会社ティーケーピー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:河野貴輝、以下TKP)は、大阪市に新たな大規模貸会議室「TKP大阪本町ホール」を本日(12月10日)オープンいたします。

今回、新規オープンした「TKP大阪本町ホール」は、地下鉄御堂筋線・四つ橋線 本町駅 徒歩4分と、大変アクセスに便利な会場です。最大定員は120名と、余裕のキャパシティですので、大規模な会議・研修・セミナー等、様々な用途でご利用いただける貸会議室となっております。
利用料金は、1時間18,900円(税込)のところ、オープン記念キャンペーンとして、12月1月ご利用の場合は20%割引の1時間15,120円(税込)で提供いたします。

TKPは、全国で200室を超える貸会議室を運営していますが、今後も都内及び全国で積極的に貸会議室を展開してまいります。
関西エリアでは、昨年は京都で「TKP京都四条烏丸会議室」(3室)をオープンしており、今年も、大阪で「TKP大阪梅田会議室」(5室)をオープンしております。いずれも大変好評いただいております。


<TKP大阪本町ホール 概要> 
住所:大阪府大阪市中央区瓦町4-5-9 井門瓦町ビル5F
アクセス:地下鉄御堂筋線・四つ橋線 本町駅 徒歩4分
定員:スクール形式:〈3名掛〉120名 〈2名掛〉80名
広さ:48.17坪(159.23平米)
料金:通常料金18,900円/1h(税込)。
2007年12月・2008年1月ご利用の場合は15,120円/1h(税込)。
URL: (リンク »)

【株式会社ティーケーピーとは】
 国内最大規模の企業向けポータルサイト「貸会議室ネット( (リンク ») )」や「研修ネット( (リンク ») hu.net/)」を運営し、ITとリアルビジネスを融合し国内最大の190以上の貸会議室を直営で展開しています。

【株式会社ティーケーピー会社概要】
本社所在地:東京都中央区日本橋茅場町3-7-3 TKPタワー8F
代表取締役:河野貴輝
設立:2005年8月
資本金:2億8,559万5,000円(資本準備金2億4,249万円)
株主:住友商事株式会社、伊藤忠商事グループ、東京海上日動火災保険株式会社、日本駐車場開発株式会社、アセット・マネジャーズ株式会社、株式会社三井住友銀行、株式会社クリード、株式会社井門コーポレーションなど
URL: (リンク »)
事業内容:ITサービス事業

<『貸会議室ネット』運営事業 > (リンク »)
『貸会議室ネット』ポータルサイト運営
貸会議室運営受託業務(集客・集金代行・清掃管理業務)

<『研修ネット』運営事業>  (リンク »)
『研修ネット』ポータルサイト運営
企業の研修サポート・提案

<『Office104』『貸オフィスネット』運営事業> (リンク »)   (リンク »)
『Office104』レンタルオフィス総合情報サイト運営
『貸オフィスネット』ポータルサイト運営
ビジネス街を中心としたTKPレンタルオフィス運営
貸事務所・貸マンション運営受託業務(集客・集金代行・管理業務)
レンタルオフィス事業支援・提案

<『懇親会ネット』運営事業> (リンク »)
『懇親会ネット』ポータルサイト運営
懇親会・パーティー会場の手配
懇親会・パーティー・お弁当の手配


本件に関するお問い合わせ先
株式会社ティーケーピー 
武藤(むとう)
TEL 03-5614-6688
pr@tkp.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ティーケーピーの関連情報

株式会社ティーケーピー

株式会社ティーケーピーの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから