業界初!世界に一つの完全オーダーメイド・システム開発が5万円!

株式会社セルネッツ 2007年12月12日

From DreamNews

2007年12月12日株式会社セルネッツ(本社:東京都杉並区 代表取締役:竹本一道)は、創業記念として、完全オーダーメイドのシステム開発により、Excel中心の事務業務を大幅に軽減する「世界に一つ!オーダーメイド・システム開発で業務効率化!」キャンペーンを実施します。

~面倒なExcel業務も明日から自動化~


企業にとって永遠のテーマとも言える「業務効率化」。中でも事務作業においては、その形態も大きく様変わりしました。

パッケージソフトやグループウェアなど様々な手法が導入されたものの、基幹系データ二次利用による部門独自の集計資料や個々の管理業務など、事務作業の現場ではシステムでも効率化の及ばない領域が依然として存在するのです。そして、それらの業務が事実上、手作業中心の「Excel業務」に代わり増加の一途をたどっているという実態をご存知でしたか?


このような背景の中、システム業界の常識を変える革命的な試みがスタートしました。


本来、オーダーメイド開発は、システム仕様や開発工数などが客先の要望に大きく依存する為、入念な打ち合わせによる「見積り提示、仕様決定、開発、納品」といった一連の流れが常識でしたが、創業3ヶ月を迎える弊社にとって、「実績づくり」は大きな意味をもつものと考えました。


「5万円」という価格の事前提示は、作り手にとってリスクを伴うものの、Excel業務の特性を様々な角度から検証し、事務作業に特化した「マクロ言語開発の優位性」を確立すべく、本企画実施の運びに至りました。


Excel業務の増大に着目した不動産会社様(移動率管理)をはじめ、学校教育機関(成績管理)、診療所、設計事務所、個人事業主様が業務効率化で、既に大きな成果をあげています。


≪業務効率化は、最も身近なExcel業務から≫ それが弊社の提案です。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■対象期間:2007年12月12日~2008年2月29日


■対象:中小企業、学校、個人事業主様


■PC環境:OS:Microsoft Windows XP、アプリケーション:Excel 2000/2002/2003

※ORACLE、SQLなど各種データベース操作は、本キャンペーンの対象となりません。

※1成果物(※集計表や管理表など)を、1プログラム(5万円:税別)換算とさせて頂きます。

■こんな方に 1.少ない予算でExcel業務を効率化したい
          2.現在お使いのシステムで、「出来ないことだけ」実現したい
          3.人的(入力・転記)ミスの問題も、同時に解決を図りたい

■実施の流れ 1:まずは、お電話にて、「貴社名、ご連絡先、対象業務の概要」をお聞かせ下さい
         ? 2:訪問打ち合わせにより、仕様決定 -> 開発着手いたします
         ? 3:サンプル版開発 -> お客様にてご評価 -> 修正 を繰り返します(※3回程度)
         ? 4:最終納品時、仕様概要を記載したドキュメント類をあわせて訪問納品

■問い合わせ先:「オーダーメイド・システム開発で業務効率化!」キャンペーン事務局
          TEL:03-5336-8891 ※9:00~18:00 (※土日祝祭日を除く)
          URL:  (リンク »)
          E-mail:info-cellnets@cellnets.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!