株式会社パイプドビッツ、スパイラル・メッセージングプレース バージョンアップのお知らせ ―簡単フォームデザインと情報管理、作業分担が可能に―

株式会社パイプドビッツ 2007年12月13日

「データベースの銀行」を事業コンセプトにアプリケーション・サービス事業を行なう株式会社パイプドビッツ(本社:東京都港区 代表取締役社長兼CEO:佐谷宣昭、以下パイプドビッツ)では、2007年12月13日をもって主力サービスである顧客情報管理ASP「スパイラル・メッセージングプレース」最新バージョンの提供を開始いたしますので、以下の通り発表します。


(1)バージョンアップ開始日 :2007年12月13日(木)

(2)新バージョン :1.10.1

(3)新規追加機能 :
   この度のバージョンアップではご利用企業様のご要望を反映し、
  以下をはじめ様々な機能を追加いたしました。

 1)フォーム管理/フォームデザイン管理機能
   HTMLの知識がなくとも、簡単にフォームデザインが行え、
  作成したフォームを雛形保存することが可能となりました。

 2)仮想DB機能
   利用用途ごとにデータベースを輪切りにすることができ、情報管理や
  担当者様の作業切り分けが可能となりました。

 新規追加機能の詳細につきましては、以下のURLをご覧ください。
 【スパイラル・メッセージングプレース バージョンアップのお知らせ】
  (リンク »)


■取材・掲載記事についてのお問い合わせ
 広報担当 社長室 会澤

 株式会社パイプドビッツ
 東京都港区元赤坂1丁目1-7 赤坂モートサイドビル(受付1F)
 TEL:03-5771-6931(平日10:00~18:00(12/28~1/3を除く))
 オンラインでのお問合せ: (リンク »)

 パイプドビッツ ホームページ  (リンク »)
 スパイラル・メッセージングプレース 製品情報サイト  (リンク »)

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は各社の登録商標または商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社パイプドビッツの関連情報

株式会社パイプドビッツ

株式会社パイプドビッツの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!