ゲームロフト社 iTunes StoreでiPod対応ゲーム販売開始 iPodで脳トレゲーム『ブレインチャレンジ』をリリース

ゲームロフト株式会社 2007年12月13日

【NY-東京】携帯電話向けビデオゲームの開発・販売大手のゲームロフト社は、驚異的な人気を誇る脳トレゲーム『ブレインチャレンジ』の販売をiTunes Store (www.itunes.com)にて開始した。本タイトルは、iPod(第5世代)、iPod ClassicおよびiPod nano(第3世代)に対応。日本における販売価格は600円。

ゲームロフト社のパブリッシング担当上席副社長ゴンザーグ・ド・ヴァロワは次のように語る。
「iTunes Storeで『ブレインチャレンジ』が販売開始となったことで、iPodユーザーにとっても、さまざまな能力・知力を楽しみながら鍛えることが可能になりました」、「iPodユーザー向けに特別に開発された脳トレゲームを提供できることを大変嬉しく思っております」。

『ブレインチャレンジ』は、プレイヤーが自分の能力や知力を試して楽しむトレーニングゲーム。同タイトルには20種類の多種多様なゲームが含まれており、脳の働きが活性化され、プレイヤーのストレス管理能力の向上に役立つ内容となっている。論理や数学、記憶、視覚的思考などの分野の認知機能における能力を、個別指導を通じて楽しみながら高めることが可能。毎回テスト終了後は、精密な採点およびランキングシステムによって、プレイヤーの能力を評価。「ブレインチャート」では、毎日の成果や総合成績をチェックすることができます。完全3Dで登場するコーチがすべてのトレーニングの結果をチェックし、サポートしてくれる。


配信情報
■ジャンル:脳トレ
■対応機種:iPod(第5世代)、iPod ClassicおよびiPod nano(第3世代)
■情報料:600円(従量課金制)
■アクセス方法:iTune Storeトップページ → iPod Games

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ゲームロフト株式会社の関連情報

ゲームロフト株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから