ユーザーの価値観で宿泊料金が決まる宿泊予約サイト『Trabia』サービス開始

株式会社アエリア 2008年01月08日

株式会社アエリアは、株式会社レイコフ(本社:大阪府大阪市、代表取締役:山本 誠)の孫会社である株式会社ザ・ピースインターナショナル(本社:大阪府大阪市、代表取締役:山本 誠)との共同事業として『Trabia』(http://www.trabia.jp)のサービスを開始いたしましたので、お知らせいたします。

1.『Trabia』開設の目的
ホテルの平日稼働率は全体的に低い傾向にあり、空き部屋をいかに無くすかということが重要な課題となっております。当社は、このたび『Trabia』のサービスを開始し、ホテル側のパフォーマンス最大化をサポートするだけでなく、ユーザーにとっても大変お得な宿泊プランを提供してまいります。


2.『Trabia』の概要
(1)サービスの内容
『Trabia』は、ユーザーの価値観でホテルの宿泊料金を決める宿泊予約サイトです。
複数ユーザーの希望価格が集まり、その中から数名が当選して宿泊することができます。


(2)確変懸賞システム
・ユーザーは宿泊プランに対して自分の希望する価格を入札していきます。
・入札したユーザーの数や入札価格によって当選確率が変動していきます。
・当選したユーザーが宿泊者となり、入札価格でホテルに支払いを行います。


3.株式会社ザ・ピースインターナショナルの会社概要
(1)商号:株式会社ザ・ピースインターナショナル
(2)代表者:代表取締役 山本 誠
(3)所在地:大阪府大阪市中央区瓦町三丁目5番7号
(4)資本金:1,000万円
(5)主な事業内容:不動産投資事業


【本件に関するお問い合わせ先】
担当:株式会社アエリア 笠原
e-mail:kasahara@aeria.jp

このプレスリリースの付帯情報

トップページイメージ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アエリアの関連情報

株式会社アエリア

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから