COMODO EV SSL及びToriton,Inc SSL Wildcard 大幅値下げのお知らせ

「世界統一規格、厳格な実在認証された次世代SSLサーバ証明書をリーズナブルな価格帯でのご提供の件」 米国株式会社トリトン 日本支店 トリトン・インコーポレイテッド

株式会社トリトン 2008年01月08日

新年1月1日(月)の受付より、EV SSLサーバ証明書並びにToriton,Inc SSL Wildcardの大幅値下げをさせていただく事となりました。

■先日、COMODO EV SSLサーバ証明書は、COMODO本社により大幅値下げがされました。
この度、弊社でも価格の反映をさせていただく事となりました。
年56,000円(税込)~と非常にお得な普及価格となっております。
厳格な審査で発行される信頼のEV SSLが普及する様、お申込みしやすい価格を実現させていただきました。

また、 Toriton,Inc SSL Wildcardは、従来のドル価格より高めでございました為、値下げをさせていただく事となりました。

改定後の価格は以下の通りとなります。

=========================================================
COMODO EV SSL 新価格
=========================================================

1年:56,500円(税込)

2年:91,000円(税込)

=========================================================
COMODO EV SSL SGC 新価格
=========================================================

1年:75,600円(税込)

2年:126,000円(税込)

=========================================================
Toriton,Inc SSL Wildcard 新価格
=========================================================

1年:57,000円(税込)

2年:105,000円(税込)

3年:142,800円(税込)

=========================================================

※価格は全て税込み価格です。

※ 掲載されている会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


2008年1月1日お申込み分より、上記価格での受付となります。

------------------------------------------------------------

この機会に是非、ご検討いただければ幸いです。
今後とも、宜しくお願い致します。

このプレスリリースの付帯情報

COMODO EV SSL

用語解説

EV SSL :EV は、Extended Validationの略でEV SSLは、CA/Bフォーラム(CAブラウザフォーラム)により、厳格な規格を定められた、信頼度の高いSSLサーバ証明書です。 世界統一規格の厳格な認証のもと、従来のサーバ証明書機能の他に、セキュリティ強化されたブラウザで視覚的に、簡単に本物のサイトと偽のサイトを見分ける機能と保証が付いています。

Wildcard:同一ドメイン名で、サーバ名(サブドメイン)部分が異なるものを複数SSL認証を有効にして利用されたい場合等に利用する為のSSLサーバ証明書です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社トリトンの関連情報

株式会社トリトン

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?