シリコンスタジオ、クラフトアニメーションズ社製品を出展

オートデスク社のプライベート展で「Craft Director Tools」を紹介

シリコンスタジオ株式会社 2008年01月11日

シリコンスタジオは、1月17日に開催されるオートデスク社主催の展示会、「3ds Max & Maya 3rd-Party Plug-ins 祭 2008」に、乗り物(自動車、バイク、航空機等)やカメラワークアニメーション作成工程の大幅な短縮を可能にするプラグイン「Craft Director Tools」を出展、あわせて新製品を発表します。

エンターテインメント業界向けにデジタルコンテンツ関連ビジネスを展開しておりますシリコンスタジオ株式会社(代表取締役社長 寺田健彦、本社 渋谷区恵比寿、電話 03-5488-7070(代表))(以下、シリコンスタジオ)は、1月17日に富士ソフト秋葉原ビル (東京都千代田区神田練塀町3)にて開催されるオートデスク社主催の展示会、「3ds Max & Maya 3rd-Party Plug-ins 祭 2008」に、乗り物(自動車、バイク、航空機等)やカメラワークアニメーション作成工程の大幅な短縮を可能にするプラグイン「Craft Director Tools」(クラフトディレクターツール、以下CDT)が出展されることを発表致します。

CDTは3DCGアニメーション作成を効率的にします。従来工数がかかっていた乗り物(自動車、バイク、航空機等)の動作や、多様なカメラワーク(3Dビューポイント、ウォークスルー、手振れ効果等)生成をジョイスティック等を使って<直感的、感覚的>に行えます。作成中にリアルタイムなプレビューができ、アニメーション作成工程の大幅な短縮が可能です。

また今回の出展にあわせ、新製品である銃やキャノン砲のリコイルや砲弾のシミュレーションを行う「Craft Firepower」、無限起動の物理シミュレーションを行う「CraftCrawlerTracks」、戦車やブルドーザーなどのモーションのシミュレーションを行う 「Craft Crawler Extended」の3種を発表します。この3種のプラグインを組み合わせて使用することにより、リアルな戦車を簡単にアニメートすることが可能になります。

CDTは、3DアニメーションやVR( バーチャル・リアリティ)、ゲーム業界向けのリアルタイムソフトウェアのプラグインソフトウェアの開発を行っているスウェーデンの企業、Craft Animation社で開発された3dsMaxおよびMayaのプラグイン製品群です。同社のソフトは、ニューラルネットワークシステム(脳神経系をモデルにした情報処理システム)や人工知能(AI)、自律制御システムの研究を基に、全く新しい発想により開発されています。

「3ds Max & Maya 3rd-Party Plug-ins 祭 2008」ではCDTの日本総代理店であるシリコンスタジオのエンジニアによるデモが行われます。詳しい内容は以下のURLにてご確認いただけます。
(リンク »)

● シリコンスタジオ株式会社について-
シリコンスタジオ株式会社(シリコンスタジオ)は、エンターテインメントの業界で、デジタルコンテンツに関する幅広い事業を展開するために2000年1月1日に設立されました。コンテンツクリエーション事業・コンテンツ制作環境や配信設備のインテグレーション事業・クリエイターエージェント事業を3本柱とし、デジタルコンテンツと業界最高峰のデジタルメディア技術の提供を行いながら、多くの人々に感動を与えられる企業を目指しております。

■ 本リリースに関する報道関係お問い合わせ先:
シリコンスタジオ株式会社
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-21-3
コーポレートストラテジー、担当:原
TEL:03-5488-7070 (代表) FAX:03-5488-7433
E-Mail:pr@siliconstudio.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

Craft Animations製品群

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

シリコンスタジオ株式会社の関連情報

シリコンスタジオ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR