feedpath Zebra、SaaSへの企業ニーズを満たす新サービスプランを発表

~中小企業の様々なニーズに柔軟に対応 ~ ~メールの側面から中小企業の情報漏えい対策や内部統制をバックアップ~

フィードパス株式会社 2008年01月16日

 フィードパス株式会社 (本社: 東京都渋谷区 代表取締役社長CEO:津幡 靖久 以下、フィードパス)は、SaaS型Webメール「feedpath Zebra」のサービスプランを、10ユーザーからご利用いただける「基本プラン(*1)」へ変更することを発表します。 併せて、SOHOや社員10名以下の企業にもお気軽にご利用いただける「スタートアップ応援パック(*2)」も期間限定特別プランとして本日より受付開始することを発表します。

新サービスプランである「基本プラン」は、Webメール・アドレス帳・高度な検索機能・添付ファイルのHTML表示・アンチスパム/ウィルスチェックなどを基本機能(*3)として標準提供します。また、基本機能に自由自在に追加可能な多彩な「無料オプション(*4)」や「有料オプション(*5)」があります。基本機能に必要なオプションを組み合わせることで、お客様の多様なニーズに柔軟に対応可能なサービスを実現します。
なお、今回新たに有料オプションとして「メールアーカイブ&監査オプション(*6)」を追加しました。こちらは企業の内部統制や情報漏えい対策をメールの側面からバックアップ/サポート可能になります。このようにオプションについては今後も充実させていく予定です。

大企業だけではなく中小企業のセキュリティ対策や内部統制など、企業コンプライアンスを重要視したWebメールシステムのニーズがますます高まる中、当社は本日発表する新サービスプランにより、お客様のニーズにより柔軟に対応し、斯様な市場ニーズを満たすべく付加価値の高いサービスを提供して参ります。

■feedpath Zebraについて【 (リンク ») 】
「feedpath Zebra」は、米国Zimbra社が提供するプロダクト「Zimbra Collaboration Suite」をベースにフィードパスが開発したSaaS型Webメールサービスです。メールの側面から、内部統制や情報漏えい対策を実現する企業コンプライアンスを重要視した設計の上、他社サービスとのシステム連携を可能とする高度な企業ニーズを実現するサービスです。

■フィードパス株式会社について【 (リンク ») 】
フィードパス株式会社は、インターネットを通じて「情報共有の価値」をご提供するテクノロジーベンチャーです。弊社は、企業向けアプリケーションソフトの SaaS ビジネスを中心に、アプリケーションソフトのライセンスビジネス、及びコンシューマー向けのネットサービスの企画・開発、販売を事業ドメインにしています。個人・法人を問わず全てのお客様にご利用いただける革新的なサービスをご提供し、SaaS のリーディングカンパニーを目指します。

■feedpath Zebraセミナー情報
2008年2月7日(木)、21日(木)「企業向けメールホスティングサービス『feedpath Zebra』新サービス紹介セミナー」と題したプライベートセミナーを開催し、企業コンプライアンス要求が高まる中、メールの管理体制を根本から刷新する「アウトソーシングサービス」としてのfeedpath Zebraをご紹介します。
【 (リンク ») 】

■ その他参考資料
・feedpath Zebra プロダクトサイト【 (リンク ») 】
・基本プラン【 (リンク ») 】
・スタートアップ応援パック【 (リンク ») 】
・メールアーカイブ&監査オプション【 (リンク ») 】
・マスコミ各社様向け画像ページ 【 (リンク ») 】

□フィードパス株式会社 広報担当 西川
TEL:03-5728-2721
取材・掲載記事についてのお問い合わせ <<こちらから
弊社製品についてのお問い合わせ <<こちらから

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は各社の登録商標または商標です。

このプレスリリースの付帯情報

メールアーカイブ&監査オプション

用語解説

(*1)基本プラン
10ユーザーからのお客様にご利用いただくための基本プランです。基本機能に必要なオプション(無料/有料オプション)を組み合わせて利用でき、契約種別を月額と年額の2種類から選べます。
※利用開始は3月1日からとなります。
・詳細: (リンク »)

(*2)スタートアップ応援パック
10ユーザー以下の期間限定(2008年6月末まで)特別プランです。新しく会社や部門を立ち上げるお客様に導入しやすいプライシングの上、基本プランと同等の機能をご利用いただけます。契約種別は年額のみとなります。
※利用開始は3月1日からとなります。
・詳細: (リンク »)

(*3)基本機能
<メール機能>
・Webメール
・添付ファイルHTML表示
・一連のメッセージのスレッド表示
・全文検索/高度な検索
・論理/物理フォルダによる振分け
・高性能のスパムメールフィルタ
・最新のウィルスチェック
・外部POPアカウントからのメール受信
・メールボックス領域サイズの表示
・不在通知メッセージ

<アドレス帳機能>
・アドレス帳

<その他全般>

・自動バックアップサービス
・ドラッグ&ドロップでの操作
・メールボックス容量 1GB/ユーザー
 (スタートアップ応援パックは500MB/ユーザー)

<その他メール機能全般

(*4)無料オプション
<機能強化>
・スケジューラー
・ドキュメント編集ツール(社内Wiki)

<運用サービス>
・既存ドメイン利用設定

<サービス連携(Zimlet)>
・サイボウズ Office連携
・エキサイト翻訳連携
・Google地図表示連携
・URLサムネイル表示
・Skype連携
・Yahoo! RSS連携
・Wikipedia連携
・RSSライブ連携
・@Tovas連携
・セールスフォース連携

(*5)有料オプション
<運用サービス>
・メールアーカイブ&監査(*6)
(スタートアップ応援パックは利用不可)
・ドメイン追加
・feedpathサブドメイン利用
・部門利用
・ディスク追加
(スタートアップ応援パックは利用不可)
・メールデータエキスポート

(*6) メールアーカイブ&監査オプション
内部監査に必須となる機能を提供する有料オプションです。社員のPC端末やセンターサーバ等に散らばっているメールデータを当社サーバに一元化することで、情報管理者が監査当局等からの依頼に即座に対応し、全ての社内外のメールデータに瞬時にアクセスして、データの検索および抽出を可能とするオプションです。全ユーザーのメール容量と同じディスク容量スペースを別に確保し、管理者権限を持つユーザーにだけ、全送受信メールをWebクライアントで閲覧/検索(監査)可能になります。
・詳細: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?