アルク 働く女性向けモバイル英語学習サイト「英語でアルク」Yahoo!ケータイでも配信サービスを開始

株式会社アルク 2008年01月31日

株式会社アルク(東京都杉並区永福 代表:平本照麿、以下アルク)
は、サイバーエージェントの子会社、株式会社シーエー・モバイル
(東京都渋谷区、代表:外川 穣、以下シーエー・モバイル)と共同で、
女性向けの英語学習携帯サイト『英語でアルク』のサービスを
2007年12月3日よりNTTドコモのiモードにて、また12月20日からは
auのEZwebにても開始してまいりましたが、
このたび2008年2月1日よりソフトバンクのYahoo!ケータイでも
配信サービスを開始いたします。

これにより携帯3キャリアで『英語でアルク』をご利用いただける
ようになります。

-------------------------------------------------------

■携帯サイト『英語でアルク』

 『英語でアルク』は、アルクの持つ幅広い英語学習コンテンツ
 を活用した携帯電話向け総合英語サイトです。
  (リンク »)


-------------------------------------------------------

■特徴

 当サイトの最大の特徴は豊富な日替わりコンテンツです。
 毎日ひとつ英語表現を学ぶ「毎日学習」、
 今話題のニュースを英語で紹介する「注目のENGLISH NEWS」、
 動画を見ながら英語を学ぶ「スティーブの毎日動画」等、
 様々なコンテンツを毎日更新し提供します。

-------------------------------------------------------

■対象ユーザー

 当サイトは主に、英語に興味を持っていても、
 自分の時間が持てない「働いている女性」をターゲットにした
 初中級者向けの学習サービスです。

 そのような女性を意識し、「毎日の学習」のコーナーでは
 自分で選んだ英語の教師が話しかけるように
 レッスンを行えるようになっていたり、
 名前をつけて自分だけのペットを育てることができる
 「おしゃべりルーク」というコーナーを設けたり、
 英会話学習に関連するコラムを連載したりと、
 毎日の学習に飽きないような楽しい仕掛けを
 多く盛り込んでいます。

-------------------------------------------------------

【英語でアルク】  (リンク »)   

 月額利用料金(税込):315円(別途通信料がかかります)

-------------------------------------------------------

■ご利用方法

 ◎ソフトバンク: [Yahoo!ケータイ]⇒ [メニューリスト]⇒ [働く・住む・学ぶ]
           ⇒ [学ぶ]⇒ [英語でアルク]

 ◎ドコモ:[iMenue]⇒ [メニュー/検索]⇒ [働く/住む/学ぶ]
       ⇒ [STUDY/資格]⇒ [英語でアルク]
 
 ◎au:[EZweb]⇒ [トップメニュー]⇒ [カテゴリ検索]⇒ [仕事・学習]
    ⇒ [学習]⇒ [英語でアルク]
 

※QRコード、そのほかの詳細
  (リンク »)

-------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 本リリースに関する関するお問合せ ■
 株式会社アルク 広報部  
 E-MAIL:menet@alc.co.jp
 URL: (リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このプレスリリースの付帯情報

モバイル「英語でアルク」

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アルクの関連情報

株式会社アルク

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?